「エクオール」をご存知ですか?

食品で簡単に補える、更年期症状の味方です。
女性ホルモンであるエストロゲンとよく似た働きをし、更年期予防・改善に効果を発揮します。

大豆由来のイソフラボンからつくられる「エクオール」

更年期Q&A

男性更年期と自律神経失調症

自律神経失調症
更年期障害の薬、漢方薬
更年期障害の症状

前回質問の続きになります
泌尿器科で検査をして遊離テストステロンの数値が6.8で年齢からすると半分くらいと言われました
この数値だけで男性更年期になるのでしょうか?
自律神経失調症と似たような症状が出ているのですが、医師にどちらが原因か聞いてもわからないと言われました
また、低い原因もわからないとの返答でした
漢方と亜鉛の薬で数値が上がるか様子見となり、上がらなければ注射を打つみたいです
現在、心療内科でも漢方とアルプラゾラムを処方してもらっているのですが、どちらを主体に治療をしていけばいいでしょうか?
(40代/男性)

2019/2/18

すっぽん先生の回答

すっぽん 医師認証済

可能性はあります。心療内科で治療を継続お願いします。

2019/2/18 11:37

はっし~先生の回答

はっし~ 医師認証済

テストステロン低値と、朝立ちの消失や勃起不全といった男性機能の低下、のばせ・多汗、全身倦怠感、筋肉や関節の痛み、筋力低下、骨密度低下、頭痛・めまい・耳嶋り、頻尿、不眠、無気力、イライラ、性欲減退、集中力や記憶力の低下などがあれば、男性性機能低下症候群の可能性は高いと思います。
その場合は男性ホルモン補充療法が適応になるかもしれません。

2019/2/18 11:39

40歳男性

この数値は午前と午後で測ると変わりますか?
ネットでは午前中に測るのが望ましいとありましたが
大差はないですか?

2019/2/18 13:55

はっし~ 医師認証済

ホルモンはそれほど半減期が短くないので、日内変動はそれほどないと思います。

2019/2/18 15:37

ひな夫先生の回答

ひな夫 医師認証済

泌尿器科医です。男性更年期専門医でhあありませんが、同様の患者さんを複数診ています。
LOH(加齢男性性腺機能低下症候群)ガイドラインでは遊離テストステロン値(pg/ml)を8.5未満が低値、11.8以上を正常、8.5以上11.8未満を境界域としています。質問者様の6.8は低値に分類しますが、自覚症状を評価する質問票などもあり確定診断には総合的な評価が必要です。遊離テストステロン低値群の方では男性ホルモン補充療法の適応になりますが、副作用等の説明を十分に行い、同意が得られた方に3ヶ月ごとに見直しすることを前提に行なっています。私が治療するならばホルモン補充療法と漢方薬(例えば柴胡加竜骨牡蛎湯や加味逍遙散など)の併用を行い、自覚症状の変化を観察します。下記サイトはやや分量が多いですが、学会が示した男性更年期のガイドラインです。ご参照ください。
https://www.urol.or.jp/info/data/gl_LOH.pdf

2019/2/18 12:42

40歳男性

詳しくありがとうございます
注射も週に2、3回打つものと睾丸に影響があるものと説明を受けました
今回は補中益気湯とポラプレジンク口腔内崩壊錠を2週間分処方されました
これで様子を見て変化がなければ注射を、という話になりました
現在、朝立ちも月に何度かはありますし、自慰行為も週に何度か行う性欲もあるにはあります
ただ、のぼせやめまいなど自律神経失調症にも当てはまる症状もあります
それでも数値的に判断して男性更年期と思って治療したほうがいいのでしょうか?
また注射をしないで改善することは難しいのでしょうか?

2019/2/18 13:16

ひな夫 医師認証済

ホルモン補充療法の具体的内容ですが、エナント酸テストステロン 1 回 125mg を 2~3 週毎に,あるいは 1 回 250mg を 3~4 週毎に筋注するのが一般的です。私は250mgを3-4週間毎に注射をしています。補中益気湯は疲労感、倦怠感、食思不振があれば有効ですが、のぼせやめまいに対しては加味逍遙散、半夏厚朴湯、桂枝加竜骨牡蛎湯の方が有効だと思います。ガイドラインにもありますが自覚症状の質問票で自律神経失調症と重複するものもあります。注射なしで内服のみでの回復も十分に可能だと思います。
https://yokohama.hosp.go.jp/outpatient_guidance/pdf/hinyouki/hinyouki_ams.pdf

2019/2/18 15:28

40歳男性

やはり注射も併用したほうが治療のスピードは上がるのでしょうか
質問票を試したところ中程度という結果でした
薬以外でも運動や食事など加えていったほうがよいことなどあるでしょうか?

2019/2/18 16:33

ひな夫 医師認証済

メタボリック症候群で体脂肪の多い方は男性更年期になりやすい傾向があり、逆に筋トレをして筋肉量を増やすことで男性ホルモンは増加します。有酸素運動で脂肪を燃焼させ、筋トレで筋肉量を増やすことは非常に有用な手段です。

2019/2/18 17:00

40歳男性

こちらは関係があるかないかわからないのですが、質問させてください
久しぶりにウォーキングをしようと夕食後2時間のちに出掛けました
10分くらい歩いたらみぞおちが痛くなったのです
みぞおちの奥をギュッとされる感じです
実は先月にもウォーキングした時になり、通っていた胃腸科の先生に聞いてもそんな症状は知らないと言われました
その後に24時間ホルターもしていて異常なしでした
今回で3回目なのですが、みぞおちの痛みが治まって帰ろうと歩いていると両足の脱力感が始まって力が入ってない感覚になるのです
家に着いて座っていても何にも症状はありません
こんなこと自律神経とかに関係あるのかわからないのですが気味悪いので質問させていただきました

2019/2/18 22:11

ひな夫 医師認証済

運動負荷によってみぞおちが痛くなることが再現性をもって生じるのであれば、虚血性心疾患(労作性狭心症など)を疑いますので循環器内科で心エコーや運動負荷心電図などを受けられるのが適当と思います。歩行によって両足の脱力感が起こるについては下肢の動脈の疾患(閉塞性動脈硬化症)あるいは、腰部脊柱管狭窄症など整形外科疾患の両者が考えられます。前者については循環器内科を受診された際に同時に相談することをお勧めします。全ての症状が自律神経失調症で説明できるとは限りません。

2019/2/19 06:58

A.マンスン先生の回答

A.マンスン 医師認証済

アルプラゾラムはべンゾジアゼピン系抗不安薬で、効果は皮相的で根治には結びつかず、連続使用で耐性がつき効果が弱まり、依存になりやすいとされます。
漫然と使用すべきではないと思います。

泌尿器科の治療の結果が出てからでもよいと思います。
どうしても、ストレス性として対応されたいのであれば、依存・耐性がなく、不安に強い効果のあるレクサプロ、セルトラリンなどSSRI系抗うつ剤と、その効果を増強し、深層意識にも作用するエビリファイ、ルーラン、ロナセンなど非定型抗精神病薬をごく少量併用されるとよいでしょう。

2019/2/18 16:13

40歳男性

返信ありがとうございます
ここ最近、慣れない工場内での工事作業が入っており、作業をしているとめまいや不安感が出て作業行程に支障が出ています
アルプラゾラムは半錠なのですが飲むと少し落ち着くので服用しています
泌尿器科では漢方と亜鉛の薬を出してもらっているので、出来れば抗不安薬があると仕事がこなせると思っています
返信にあった他の種類の薬も心療内科で相談してみます

2019/2/18 16:30

A.マンスン 医師認証済

依存は厄介で、最悪の場合、一生の問題となります。

ぜひ、担当医とご相談されることをお勧めします。

2019/2/18 16:44

地方の精神科医・まり先生の回答

地方の精神科医・まり 医師認証済

LOH症候群でいらっしゃると思われます。治療によって軽快されますと、精神症状の方も改善される可能性が高いです。どちらの治療も並行されてよろしいですが、泌尿器科での治療を優先された方が適切かと存じ上げます。どうぞ、御大事になさってください。

2019/2/18 21:56

40歳男性

返信ありがとうございます
うろ覚えですが、注射は2種類くらいあり、睾丸に影響があるものとないものがあると説明されました
子供を作る可能性があるなら、どうとかこうとか
薬での治療を選びましたが、やはり注射も、と途中での変更は可能なんでしょうか?

2019/2/18 22:01

地方の精神科医・まり 医師認証済

LOH症候群の治療は、注射によるホルモン補充療法が一般的です。この治療を行いますと、次第に精巣(睾丸)が小さくなり、3~6ヶ月で精子数の減少が起こり、無精子症となることもあります。ですので、御子様をお望みでいらっしゃるのでしたら、ホルモン補充療法以外の方法で治療された方がよろしいです。治療法を途中で変更することは可能と思います。

2019/2/18 23:27

40歳男性

子供を作る可能性があるなら違う注射、みたいな話を医師がしたような気がするのですが、そのようなものはないのでしょうか?

2019/2/18 23:47

地方の精神科医・まり 医師認証済

テストステロンの補充療法以外には、hCG(ヒト絨毛性性腺刺激)ホルモン注射による治療も行われるようですが、効果はテストステロンに比べて少し低下するようです。

2019/2/19 00:36

更年期予防・改善に効く食品成分とは?

女性ホルモンであるエストロゲンとよく似た働きをする「エクオール」を知っていますか?食品で簡単に補える、更年期症状の大きな味方です。

ゆらぎ世代の女性にエクオール


医知恵事務局おすすめQ&A

  1. 子宮筋腫とホルモン補充療法について

    更年期障害の症状
    更年期障害の治療
    53歳です。1月に最終月経。肩こり・不眠・不安感・関節の痛み・寝汗・もの忘れ等の症状が強くあり...
    2012/4/22
  2. 若年性更年期障害

    更年期障害の症状
    更年期障害と若年性更年期障害についての違いについて教えていただきたいです。どちらも同じような症...
    2012/5/8
  3. パッチについて

    更年期障害の症状
    更年期障害の薬、漢方薬
    昨年 何とも言えぬ脱力感、疲労感に襲われ 婦人科を受診しました 更年期と言われ、ホルモン剤の処...
    2012/9/24