「エクオール」をご存知ですか?

食品で簡単に補える、更年期症状の味方です。
女性ホルモンであるエストロゲンとよく似た働きをし、更年期予防・改善に効果を発揮します。

大豆由来のイソフラボンからつくられる「エクオール」

更年期Q&A

婦人科のホルモン薬について

女性ホルモンの病気・症状
更年期障害の薬、漢方薬

ピロリ菌除菌対策にあたり、外陰部が痒くなりやすかったので、抗生物質を飲む時の対策に婦人科でエストリオールという錠剤(1ミリグラム×一日2回)を一週間分貰いました。結局、除菌の際には陰部の痒みも大丈夫だったので飲まずに置いておきました。最近、閉経後の更年期障害(至る所の乾燥、意力の低下)が激しく 辛かったので試しにそのエストリオールを一週間飲みました。今後も身体的症状が酷く、ホルモン補充療法を受けたいのですが、婦人科で血液検査をする時、試しに飲んだエストリオールを飲み終えた後 何日後で、エストリオールの影響を受けない血液検査の結果が出るでしょうか?
つまり何日後位でエストリオールの効力が消えているかという事です。
ホルモン補充療法を受ける前に血液検査で現在のホルモン値を計ると聞いたので、エストリオールを飲んだ効力が出ない血液検査を受けたいです。何日後位にエストリオールの効き目は消えますか?
因みに53才閉経、その頃は、FSH71U/ml、LH31、エストロゲン11.8以下です。
(50代/女性)

2018/12/30

京都の婦人科医先生の回答

京都の婦人科医 医師認証済

エストリオール自体は、ホルモンの作用としては弱い作用しかありません。
血液検査で影響出る薬ではありません。
記載されているエストロゲンは、11.8以下ですので、ホルモンは全く出ていません。FSHは71ですので、40以上では閉経と言われませ。今の検査成績では閉経状態です。
一般にピルのエストロゲンに力価の1/5が更年期のホルモン補充療法に用いられています。その1/30〜100がエストリオールに力価です。

2018/12/30 19:34

mike

有難うございます。つまりエストリオールを飲んだ後は何日後に、ホルモンの血液検査を受けても、卵胞ホルモンの値に影響はしない、高く上がらないという事でよいのでしょうか? 一週間後に血液検査を受けても正しい値が出ますか?
又エストリオールは弱いと仰って頂きましたが、更年期のホルモン補充法には、役不足、余り使われないといった感じでしょうか?私の値では、補充するには少し弱い感じですか?

2018/12/30 20:00

京都の婦人科医 医師認証済

エストリオールでは変化しません。
貴女の値では、ホルモン補充療法としては、貼付剤のエストラーナ、ルエストロジェル等を使用されたほうがいいと思います。そうすれば血中のエストロゲンは40~60ぐらいには上昇します。骨粗鬆症に治療域までは上昇します。
エストリオールでは、弱すぎます。

2018/12/30 20:40

mike

追加
先生の仰っられているピルといのは、低用量ピルとは又違うものですか?更年期ホルモン補充にもピルというのもあるのでしょうか?お薬箱を探していたら、昔もらったプラノバールというピルがありましたが、それとは又違うものですか?ネットで調べていたら、若い頃に使う低用量ピルはホルモン補充用の薬より4倍強いものなので、更年期には使わないと書いてあったのですが、先生の仰っられているピルというのが、更年期障害用のものでしたら、エストリオールは、その30分の1くらいということでいいのでしょうか?あくまで先生なら こう思うのご意見で十分有り難いので、ちなみの情報お願いします。それと一週間後にホルモンの血液検査に行っても エストリオールの影響はないか 教えて下さい。

2018/12/30 21:07

京都の婦人科医 医師認証済

「一般にピルのエストロゲンに力価の1/5が更年期のホルモン補充療法に用いられています。その1/30〜100がエストリオールに力価です」一般のピルは低用量ピル(エストロゲン量は30~40㎍)、又は超低用量ピル(20㎍))の事です。
プラノバールは中用量ピルで50㎍です。
ホルモン補充療法で使用するエストロゲン剤は、低用量ピルの1/5です。エストリオールは1/100と考えて下さい。

2018/12/30 21:51

mike

色々ご丁寧に有難うございます。
ホルモン補充法を試してみる場合、ハップ剤か、持続性投与のエストロゲンとプロゲストーゲンの混ざった飲み薬(例えばプレマリンとプロペラとネットで見ました)か、どちらの方が、効果を期待できそうでしょうか?
貼り薬が飲み薬に劣るといったようなことはないですか?
糖尿病でもシェーグレン症候群でも陰性でしたが、閉経後、体の粘膜 特に口の渇きが酷くなり、試すとしたらどんなホルモン補充法がいいのか参考に知りたいです。

2018/12/31 00:49

京都の婦人科医 医師認証済

体的には貼付剤が優れています。プロベラは乳がんの危険性があり最近は使用されていません。
貼付剤がいいと思います。

2018/12/31 05:39

ティーゲル先生の回答

ティーゲル 医師認証済

エストリオールはエストロゲンとしての作用はエストラジオールよりははるかに低いと思いますが、FSHの値に影響を与えている可能性はあると思います。
1~2週間程度経過すれば影響はなくなると思います。
検査結果が記載されていますが、エストロゲンとあるのはエストラジオールではないでしょうか。
エストロゲンと言われているものについては、エストロン、エストラジオール、エストリオールの3種類があり、卵巣から分泌されるエストロゲンとしてはエストラジオールでこれを測る事の方が多いと思います。

2018/12/30 20:40

mike

ご丁寧に有難うございます。
実は粘膜のいたるところが渇き、非常につらい状態です。特に閉経後、口の渇きがどんどん酷くなり、糖尿病やシェーグレン症候群も陰性でした。眠れなくて眠剤とジェイゾロフトを寝る前飲んでいて、そのせいかと思いましたが、閉経前は同じ量を飲んでいても口が渇くようなことはありませんでした。このような症状を鑑みた場合、ホルモン補充法を試してみる場合、ハップ剤か、持続性投与のエストロゲンとプロゲストーゲンの混ざった飲み薬(例えばプレマリンとプロペラとネットで見ました)か、どちらの方が、効果を期待できそうでしょうか?
貼り薬が飲み薬に劣るといったようなことはないですか?

2018/12/30 21:57

ティーゲル 医師認証済

口腔内まで渇くのはエストロゲンの問題ではないと思います。
更年期でのエストロゲン補充の場合、内服のエストロゲン製剤は血栓症リスクがあるので、問題外だと思います。経皮製剤がほとんどでしょう。
吸収効率がよいのは、個人的見解ですが、エストラーナテープ、ル・エストロジェル、ディビゲルの順になると思います。

2018/12/31 09:04

mike

間が空いて済みません。お返事有難うございます。貼布薬の方が安全性は高いのですね。エストラーナを検索してみたのですが、卵膜ホルモン単体とありました。 卵膜ホルモンだけをずっと使用していると、乳ガンや特に子宮内膜ガンになる確率が高いとありましたが、その場合は黄体ホルモンを併用しますとも書いてありました。1,エストラーナテープを貼布して黄体ホルモンも使用する場合もあるのでしょうか?
その場合 黄体ホルモンは飲み薬でしょうか?
エストラーナテープ単体でも、長期使用でも安全な方ですか?
皆さん子宮、卵巣も残っていても、単体だけで何年も使用されている方は多いのでしょうか?

2, 5年くらい使用して、乳ガン、子宮体ガンになる確率は、個人差もあるでしょうが、大体何%位でしょうか?
3, また血栓を作りやすいとも書いてありましたが 、それも気にするほどの割合ではないのでしょうか?
教えて下さい。よろしくお願いします。

2019/1/5 02:47

ティーゲル 医師認証済

エストロゲン製剤単独の場合、子宮体がんリスクが上がるので、プロゲスチン製剤(黄体ホルモン製剤)を併用する場合が多いと思います。プロゲスチン製剤内服薬とエストロゲン・プロゲスチン配合の貼付薬とがあると思います。
使い方は、施設によって違うので受診されてお聞きになられるとよいと思います。
お大切になさってください。

2019/1/5 07:17

ゆぱ先生の回答

ゆぱ 医師認証済

1週間もあければ問題はないでしょう。
でも、必ずしも血液検査は必要ないですよ。
検査せずにホルモン補充療法を受けるのがいいですよ。

2018/12/30 21:45

mike

血液検査を待たずとも、ホルモン補充療法は受けられるのですね。最初は少量からでしょうか?それとも閉経後は飲み薬なら、皆大体同じものを飲む感じですか?

2018/12/31 01:38

ゆぱ 医師認証済

はい。
年齢や過去の結果からは、更年期であることは間違いないでしょう。
症状からも更年期を疑いますし、検査の必要はないでしょう。
治療を急ぐのがいいと思いますよ。

2018/12/31 04:11

yoiyoi先生の回答

yoiyoi 医師認証済

せいかくでないかもですが、1週間もすれば影響はないでしょうね。どうかお大事になさってください。ご質問ありがとうございました。

2018/12/30 22:06

mike

有難うございました。

2018/12/31 02:01

更年期予防・改善に効く食品成分とは?

女性ホルモンであるエストロゲンとよく似た働きをする「エクオール」を知っていますか?食品で簡単に補える、更年期症状の大きな味方です。

ゆらぎ世代の女性にエクオール


医知恵事務局おすすめQ&A

  1. 子宮筋腫とホルモン補充療法について

    更年期障害の症状
    更年期障害の治療
    53歳です。1月に最終月経。肩こり・不眠・不安感・関節の痛み・寝汗・もの忘れ等の症状が強くあり...
    2012/4/22
  2. 若年性更年期障害

    更年期障害の症状
    更年期障害と若年性更年期障害についての違いについて教えていただきたいです。どちらも同じような症...
    2012/5/8
  3. パッチについて

    更年期障害の症状
    更年期障害の薬、漢方薬
    昨年 何とも言えぬ脱力感、疲労感に襲われ 婦人科を受診しました 更年期と言われ、ホルモン剤の処...
    2012/9/24