「エクオール」をご存知ですか?

食品で簡単に補える、更年期症状の味方です。
女性ホルモンであるエストロゲンとよく似た働きをし、更年期予防・改善に効果を発揮します。

大豆由来のイソフラボンからつくられる「エクオール」

更年期Q&A

ホルモン補充療法の継続について

更年期障害の治療

56歳女です。プレマリン0.525mgとプロゲストン5mgを服用しています。いつまで服用したら良いですか⁉
54歳の夏まで生理が有りました。その後汗。不眠。冷え。抜け毛。気力の後退が有り、54歳の秋からホルモン補充療法をはじめました。
症状は治療で収まりました。55歳の秋まで消退出血が有りましたが止まりました。止まりましてから、5か月になります。癌検診はしています。
兎に角抜け毛が止まり、幾らか気力が出て気に入っていますが、継続は問題無いでしょうか⁉美容的にも良い気持ちがします。テープは効きません。
(50代/女性)

2018/2/7

婦人科開業医先生の回答

婦人科開業医 医師認証済

閉経後5年くらいは継続されても問題ありません。その後は弱いホルモン剤に変更されるといいです。

2018/2/7 12:11

giocity

ご回答有り難うございます。弱いホルモン剤とは具体的にどんな薬でしょうか?

2018/2/9 02:15

婦人科開業医 医師認証済

わたしは閉経後5年以上経過した方にはエストリール錠を使っています。

2018/2/9 11:54

第五幕先生の回答

第五幕 医師認証済

ホルモン補充療法をずっと続けていく場合、考えておかないといけないのは血栓症と乳がんのリスクです。
血栓症(脳梗塞・心筋梗塞・エコノミークラス症候群など)はもともと年齢とともにリスクが上がることに加え、ホルモン剤は血栓症が起こりやすくならお薬です。
特にあなたのような、プレマリンとプロゲストンを飲むやり方のホルモン補充療法で起こりやすいと言われています(テープはそこまでリスクは高くありません)。
また乳がんについても、プレマリンとプロゲストンを飲むやり方のホルモン補充療法は乳がんのリスクが上がり、テープはむしろややリスクが下がるとさえ言われています。
ですので、今後も今の飲み薬でホルモン補充療法を続けたいならば、それなりの注意と覚悟が必要と思われます。

ただ、5ヶ月前から消退出血がなくなったということは、卵巣が完全に活動を終えてほぼ全くホルモンが出なくなった状態と思われます。
その分体の女性ホルモンは減っているはずですが、今も体の調子が良いと言う事は、体は女性ホルモンが少ない状態に徐々に慣れてきていると思われるのです。
今ならテープでも十分効くかもしれませんので、血栓症や乳がんのリスク回避という意味でテープに切り替えるという手もあるでしょう。
それにしても更年期の治療は体調の改善が目的であって、美容が目的ではないことにご注意ください。
美容が目的ならそもそも健康保険は効きませんし。

2018/2/7 12:27

ゆぱ先生の回答

ゆぱ 医師認証済

継続は問題ないです。
中止すると更年期症状が再燃する可能性が高いと思われます。
2‐3年程度は治療することが多いと思います。5年以上続ける方もおられます。更年期症状がどの程度続くのかは、個人差が大きいですね。
担当医にも相談してみてくださいね。

2018/2/7 14:22

yoiyoi先生の回答

yoiyoi 医師認証済

症状しだいですがもう漢方に変えても良さそうですね。どうかお大事になさってください。ご質問ありがとうございました。

2018/2/7 20:21

更年期予防・改善に効く食品成分とは?

女性ホルモンであるエストロゲンとよく似た働きをする「エクオール」を知っていますか?食品で簡単に補える、更年期症状の大きな味方です。

ゆらぎ世代の女性にエクオール


医知恵事務局おすすめQ&A

  1. 子宮筋腫とホルモン補充療法について

    更年期障害の症状
    更年期障害の治療
    53歳です。1月に最終月経。肩こり・不眠・不安感・関節の痛み・寝汗・もの忘れ等の症状が強くあり...
    2012/4/22
  2. 若年性更年期障害

    更年期障害の症状
    更年期障害と若年性更年期障害についての違いについて教えていただきたいです。どちらも同じような症...
    2012/5/8
  3. パッチについて

    更年期障害の症状
    更年期障害の薬、漢方薬
    昨年 何とも言えぬ脱力感、疲労感に襲われ 婦人科を受診しました 更年期と言われ、ホルモン剤の処...
    2012/9/24