「エクオール」をご存知ですか?

食品で簡単に補える、更年期症状の味方です。
女性ホルモンであるエストロゲンとよく似た働きをし、更年期予防・改善に効果を発揮します。

大豆由来のイソフラボンからつくられる「エクオール」

知恵

女性ホルモンを補ってバランスを整え
更年期を快適に!

知っておきたいホルモン補充療法の副作用と注意点

ホルモン補充療法(HRT)を検討するとき、気になるのが副作用ではないでしょうか。
HRTでもっとも多い副作用は女性器の不正出血です。これは、女性ホルモンのエストロゲンによって増殖した子宮内膜に対して、定期的にプロゲステロンを服用することでホルモンを調節して出血を起こさせる「消退出血」というもので、通常は大きな問題になることはありません。
ほかには、乳房の張りや痛み、下腹部の痛み、おりものの増加、胃が重く食欲がなくなる、頭痛や吐き気などを感じる、といった人もいるようです。このような場合は、薬の種類や量を変えると解決することがあるので、主治医とよく相談するとよいでしょう。また、経口のHRTでは、静脈血栓塞栓症のリスクが高まることが報告されています。

医師に相談

なお、乳癌や子宮体がんは、エストロゲンと深い関わりがあるため、乳癌や子宮体がんになった人はHRTなどの補充療法を受けることはできません。HRTを始める前には、必ず乳癌検診と子宮体がん検診を行って治療の適用があるかを確認します。また治療中は少なくとも6ヵ月~1年に1回、血液検査やこれらのがん検診を行うことが奨められています。がん検診は中高年の女性であれば誰でも必要な検査ですので、定期検査は必ず受診するようにしましょう。

ホルモン補充医療(HRT)の実施にあたって

HRTを受けてはいけない人
  • 乳癌治療中、または既往がある人
  • 子宮体がんの治療中
  • 心筋梗塞の既往がある人
  • 静脈血栓塞栓症、急性血栓性静脈炎の既往がある人
  • 重度の肝障害がある人
  • 原因不明の不正性器出血のある人
  • 心筋梗塞および冠動脈に動脈硬化の既往がある人
  • 妊娠が疑われる人 など
慎重投与が求められる人
  • 卵巣がん、子宮内膜がんの既往のある人
  • 子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症の既往がある
  • 肥満の人
  • 60歳以上、または閉経後10年以上の新規投与の人
  • 血栓症のリスクのある人、狭心症の人
  • 慢性肝疾患、胆嚢炎や胆石症の既往のある人
  • 重度の高血圧、糖尿病、高中性脂肪血症の人
  • その他(喫煙、偏頭痛、てんかん、急性ポルフフィリン血症、  全身性エリテマトーデス、など)

「ホルモン補充療法ガイドライン2012」より改変引用

大豆由来のイソフラボンから
つくられる「エクオール」
大豆由来のイソフラボンからつくられる「エクオール」

エストロゲン(女性ホルモン)に似た働きをする栄養素としては、大豆イソフラボンがよく知られています。最近の研究で、その働きのもとになっているのが「エクオール」という物質であることが分かってきました。大豆由来のイソフラボンが、腸内細菌によって「エクオール」に変わり、エストロゲンによく似たパワーを発揮していたのです。
今では、この「エクオール」をサプリメントで手軽に摂ることが可能になっています。
更年期のケアはもちろん、自分にあったサプリメントを上手に活用することがウェル・エイジングを叶える秘訣といえそうです。
5分で理解。エクオールと更年期

ゆらぎ世代の女性にエクオール

次のページ
過労やストレスを溜め込まない

女性ホルモンを補って
バランスを整え更年期を快適に!