「エクオール」をご存知ですか?

食品で簡単に補える、更年期症状の味方です。
女性ホルモンであるエストロゲンとよく似た働きをし、更年期予防・改善に効果を発揮します。

大豆由来のイソフラボンからつくられる「エクオール」

知恵

女性ホルモンを補ってバランスを整え
更年期を快適に!

薬で女性ホルモンを補う、更年期症状の治療法

更年期症状がひどい場合、一人ひとりに合った治療を行うことで症状を軽くすることができます。医師との相談の上、自分に無理のない方法を選択しましょう。ここでは更年期症状の緩和によく実施されている治療法について紹介します。

HRT(Hormone Replacement Therapy)

HRTで使われる主なホルモン薬

ホルモン・リプレースメント・セラピーは、減少した女性ホルモン(エストロゲン)を外から補充する療法です。卵巣からのエストロゲンの分泌の減少を補充して埋め合わせすることで、更年期というホルモンバランスが崩れていく時期の心身を整えていきます。

HRTで使われる主なホルモン薬
分類 結合型エストロゲン エストラジオール エストラジオールと
プロゲステロンの合剤
エストリオール プロゲステロン剤
製品名 プレマリン錠 ジュリナ錠
エストラーナテープ
ディビゲル
メノエイドコンビパッチ
ウェールナラ配合剤
エストリール錠
ホーリン錠
エストリール腟錠
ホーリンV腟用錠
プロペラ
プロゲストン錠
ヒスロン錠など
剤形 錠剤 錠剤
パッチ剤
ゲル剤
パッチ剤
錠剤
錠剤
錠剤
錠剤
錠剤
投与経路 経口 経口
経皮吸収
経皮吸収
経皮吸収
経口
経口
経腟
経腟
経口

低用量ピル療法

ピルとは、卵巣から分泌される女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンを合成したものです。避妊や子宮内膜症の治療に用いられていますが、更年期障害の治療にも使用されます。
低用量とはいいますが、昔のピルよりは低用量という意味であり、HRTよりも高用量(ホルモン量が多い)なので注意が必要です。
女性ホルモンを直接補う治療法とは異なるものの、心身のバランスを整え、穏やかに効いていく漢方療法も根強い支持を集めています。

漢方療法

漢方薬

更年期症状のあらわれ方の強さには、それぞれの方の体質の違い、考え方の違い、現在おかれている環境のストレス度の違い、などが関わっていると考えられています。
漢方療法は、複数の生薬を含むため1剤で幅広い対応が可能なのが特徴です。

更年期症状に使われる主な漢方薬
  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  • 加味逍遥散(かみしょうようさん)
  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
  • 女神酸(にょしんさん)
  • 紫胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
  • 半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)など
大豆由来のイソフラボンから
つくられる「エクオール」
大豆由来のイソフラボンからつくられる「エクオール」

エストロゲン(女性ホルモン)に似た働きをする栄養素としては、大豆イソフラボンがよく知られています。最近の研究で、その働きのもとになっているのが「エクオール」という物質であることが分かってきました。大豆由来のイソフラボンが、腸内細菌によって「エクオール」に変わり、エストロゲンによく似たパワーを発揮していたのです。
今では、この「エクオール」をサプリメントで手軽に摂ることが可能になっています。
更年期のケアはもちろん、自分にあったサプリメントを上手に活用することがウェル・エイジングを叶える秘訣といえそうです。
5分で理解。エクオールと更年期

ゆらぎ世代の女性にエクオール

次のページ
更年期の検査と
問診にあたっての注意点

女性ホルモンを補って
バランスを整え更年期を快適に!