「エクオール」をご存知ですか?

食品で簡単に補える、更年期症状の味方です。
女性ホルモンであるエストロゲンとよく似た働きをし、更年期予防・改善に効果を発揮します。

大豆由来のイソフラボンからつくられる「エクオール」

知恵

更年期について知っておきましょう

更年期、年齢にあった過ごし方でQOLを高めよう

女性のライフサイクルは、女性ホルモンの分泌状態に大きな影響を受けています。思春期や成熟期は、妊娠や出産に備えるため女性ホルモンが盛んに分泌されますが、30代半ばを過ぎると分泌量は低下し、閉経を過ぎた50代後半になると、同年代の男性が分泌する量より少ないレベルになるまで低下します。
こうしたホルモンバランスの変化に加え、ミドルエイジの女性では、家族との関係が変化して役割の見直しが必要になったり、介護や看取りを経験したり、職場で責任あるポジションを任されたりと、生活面でも様々なストレスを抱えやすくなります。

エストロゲン(女性ホルモン)の量の変化
グラフ:女性ホルモンの量の変化

そんな時期に訪れるつらい更年期症状は、長年女性の悩みの種となってきました。
しかし以前と違い、今の女性には、打つ手がたくさんあります。更年期に向けた過ごし方や健康管理を心掛けることで、閉経から約30年という長い人生の健康クオリティの維持増進につながり、QOL(Quality of life)を高めることができるはず。より健康でしなやかな日々を送るため、自分にあった対処法を積極的に取り入ている女性も増えています。

大豆由来のイソフラボンから
つくられる「エクオール」
大豆由来のイソフラボンからつくられる「エクオール」

エストロゲン(女性ホルモン)に似た働きをする栄養素としては、大豆イソフラボンがよく知られています。最近の研究で、その働きのもとになっているのが「エクオール」という物質であることが分かってきました。大豆由来のイソフラボンが、腸内細菌によって「エクオール」に変わり、エストロゲンによく似たパワーを発揮していたのです。
今では、この「エクオール」をサプリメントで手軽に摂ることが可能になっています。
更年期のケアはもちろん、自分にあったサプリメントを上手に活用することがウェル・エイジングを叶える秘訣といえそうです。
5分で理解。エクオールと更年期

ゆらぎ世代の女性にエクオール

次のページ
月経・基礎体温の記録で
更年期のサインを知る