「エクオール」をご存知ですか?

食品で簡単に補える、更年期症状の味方です。
女性ホルモンであるエストロゲンとよく似た働きをし、更年期予防・改善に効果を発揮します。

大豆由来のイソフラボンからつくられる「エクオール」

知恵

その4.女性の不安を希望に変える!エクオール効果

更年期にさしかかると、何かと不安が募りますが、そのような不安を希望に変えてくれるのが、大豆由来の成分、「エクオール」です。このページでは、エクオールがどれほど、女性ホルモンのゆらぎによる症状に対して有効かを、実験結果を基に説明します。

エクオール産生者は更年期症状が軽い

エクオールと更年期症状に関する研究は数多く行われています。更年期症状の重さと、エクオール産生者の関係性を調べるために行われた調査では、エクオールをつくれる人ほど、更年期症状が軽くすむ、という結果がでています。 また、エクオールがつくれない人に比べて、つくれる人(尿中のエクオール量が多い人)は、更年期症状のリスクがなんと100分の7であることが様々な研究でわかっています。

福岡県栄養士会 更年期・閉経後女性46人のエクオールが産生できる人の尿中エクオール量を計測。排泄量が1.2mg以上では、更年期症状のリスクが低かった。
(出典:J Jpn, Menopause Soc. Vol.15, No.1, pp.28-37, 2007 (表5改変))

エクオールでホットフラッシュが改善

ホットフラッシュとは、顔や胸元などがいきなりカーっと熱くなり、頬が赤くなったり大量の汗をかく症状。更年期症状の初期の代表的な症状のひとつです。1日1回以上のホットフラッシュのあるエクオールがつくれない女性たちに12週間(約3ヵ月)、エクオールをのみ続けてもらったところ、ホットフラッシュの回数が明らかに減ったという結果が出ています。

ホットフラッシュのある、エクオールを産生しない45~60歳の閉経後女性126人を、エクオール10mg摂取群とプラセボ摂取群に分け、12週間毎日摂取してもらった。エクオール摂取群のほてりが明らかに改善した。
(出典:Aso T et.al.J Womens Health 21:92-100. 2012)

エクオール摂取で首こり、肩こりが軽減

更年期には首や肩のこりも出やすくなります。女性ホルモンの減少で血流が滞るためと考えられていますが、さらに頭痛や倦怠感に悩まされる人も少なくありません。そして、肩こりや首こりのある人が、エクオールを12週間(約3ヵ月)とり続けたところ、首や肩のこりが改善されたと感じる度合いが大きく、更年期症状からくるこりにはエクオールが有効のようです。

1日1回以上ほてりを感じ、エクオールを産生しない45~60歳の閉経後女性126人を、エクオール10mg摂取群とプラセボ摂取群に分け、12週間毎日摂取してもらったところ、首や肩こりが軽減した。
(出典:Aso T et.al.J Womens Health 21:92-100. 2012)

女性のメタボや血管の“サビ”つきを抑えるエクオール

女性は閉経を迎えると、血圧が上がったり、LDLコレステロールが増加するなどいわゆるメタボになりやすくなります。エクオールには、LDLコレステロールを減らし、動脈硬化や糖尿病などのリスクを軽減するという作用があることがわかりました。

エクオールを産生しない閉経後女性34人を、エクオール10mg群、プラセボ群に分け、12週間摂取してもらったところ、糖尿病や動脈硬化のリスクが有意に低下した。
(出典:Usui T et.al. J Clin Endoclinol 2013)

エクオールは骨粗しょう症を予防する

更年期に入ると骨量が下がり始めます。これは、エストロゲンの急減によって骨代謝のバランスが崩れるためです。閉経後、骨量は1年に約2%ずつ減り、10年でなんと20%も減少。しかし、エクオールには骨量の減少を抑制する作用があることが研究結果により分かりました。

エクオールを産生しない45-60歳の閉経後女性93人を、エクオール群、プラセボ群に分け、1年間摂取し、骨密度の変化を計測。エクオール10mg摂取群の骨密度が有意に抑制された。
(出典:Tousen Y et.al Menopause 2011)

肌のシワも改善、エクオール美肌パワー

エストロゲンは、肌の弾力を司るコラーゲンやエラスチンなどの生成に関わる美肌ホルモン。減少することで、肌はハリを失いやすく、肌老化は加速します。3ヵ月の臨床試験で、シワが浅くなったという結果もでています!

エクオールを産生しない45-65歳の閉経女性101人を、エクオール10mg群、30mg群、プラセボ群に分け、12週間摂取してもらったところ、エクオール摂取群で目尻のシワの面積と深さが有意に抑制された。
(出典:Menopause 19: 202-210.2012)

更年期予防・改善に効く食品成分とは?

女性ホルモンであるエストロゲンとよく似た働きをする「エクオール」を知っていますか?食品で簡単に補える、更年期症状の大きな味方です。

ゆらぎ世代の女性にエクオール