「エクオール」をご存知ですか?

食品で簡単に補える、更年期症状の味方です。
女性ホルモンであるエストロゲンとよく似た働きをし、更年期予防・改善に効果を発揮します。

大豆由来のイソフラボンからつくられる「エクオール」

知恵

その1.知っていますか?エクオール

今話題の「エクオール」は、大豆イソフラボンパワーの源!

女性の強い味方といわれる大豆。日本人が昔からたべてきた伝統食材・大豆には、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする成分が含まれていることはよく知られています。それは大豆に含まれるポリフェノール、大豆イソフラボンによるものだといわれてきましたが、ここ数年の間でそのパワーの源が「エクオール」という成分だということが分かってきました。

大豆イソフラボンのひとつ、ダイゼンという成分が、お腹のなかで腸内細菌によってエクオールに代わることで、女性の健康に役立つさまざまな作用をしていたのです。

特に、更年期世代の女性は、ホルモンバランスの崩れによりさまざまな不調を感じています。そんな女性たちにとって「エクオール」は、まさに救世主といえるかもしれません。また、これまで、大豆イソフラボンには、効きやすさの個人差があるといわれてきましたが、この「エクオール」がその謎を解き明かしてくれたのです。

エクオールはイソフラボンが腸内細菌と出会ってつくられる

大豆に含まれるポリフェノール、大豆イソフラボンは、「ダイゼイン」「グリシテイン」「ゲニステイン」の3種類に大別されます。そのうちの「ダイゼイン」が、腸である種の腸内細菌によって代謝されると、エクオールに変化して、体内に吸収されるのです。ダイゼインのままでも体内に吸収されますが、それよりもエクオールで体内に吸収される方が、更年期症状などに効果的に作用することがわかってきました。そのエクオールが女性ホルモンに似た働きをするのです。

ダイゼインをエクオールに代謝する腸内細菌は、世界で初めて大塚製薬の佐賀栄養製品研究所が発見!その後もいくつかの種類が発見されていますが、なかでも大塚製薬が発見した乳酸菌ラクトコッカス20-92株は、イタリア産のチーズなどにもふくまれる種類の乳酸菌で、安全性の高さも証明されています。

更年期予防・改善に効く食品成分とは?

女性ホルモンであるエストロゲンとよく似た働きをする「エクオール」を知っていますか?食品で簡単に補える、更年期症状の大きな味方です。

ゆらぎ世代の女性にエクオール