乳癌の検診 - 病院での検査方法、検診~診断の流れを知る

検査から診断までの流れ

乳癌の検査には、大きく分けて、乳癌かどうかを診断するための検査と、乳癌と診断された後に行う検査があります。

診断前の検査には、マンモグラフィ超音波(エコー)による画像検査と視触診があります。ここで乳癌が疑われたら、本当にがんかどうかを細胞レベルで確認するため、細胞診、針生検(組織診)に進みます。

生検の結果、乳癌と診断された場合は、がんの広がりを調べる画像検査や生検などの結果をもとに、治療方針を立てていきます。

検査と診断の流れ 説明図

  1. 1. 診断前の検査

    乳がんを見つける検査…マンモグラフィ、超音波(エコー)、視触診
    がんを確定する検査(乳がんの疑いがある場合)…細胞診、組織診(針生検)
  2. 2. 診断後の検査

    がんの広がりを調べる検査…MRI、CT、超音波(エコー)、骨シンチグラフィ
  3. 3. 治療方針を立てる

診断方法

マンモグラフィ検査

マンモグラフィ検査 説明図
乳房を挟んで上下、左右方向から撮影します。

乳房専用のレントゲン検査をいいます。乳房を挟みながら圧迫して薄くのばし、上下、左右(内外)方向から1枚ずつ撮影します。小さいしこりや、しこりになる前の石灰化を映し出すことができるため、乳癌の早期発見に威力を発揮します。

ただし、乳腺組織が密な若い女性では、X線の画像が白くかすんでしまい、しこりをみつけにくいことがあります。また、X線撮影のため、妊娠している方には不向きです。

「石灰化(せっかいか)」ってなあに?

石灰化とは、乳管のなかにカルシウムが沈着することによって起きる変化のことをいいます。がん細胞は、増殖するとともに一部は死滅し、その部分に石灰が沈着します。そのなかには早期の乳癌が含まれることもあります。このため、石灰化は乳癌を疑うサインとなりますが、乳腺症など良性の乳腺の病気でもみられるため、石灰化がすべて乳癌と関係しているわけではありません。

エコー検査(超音波検査)

超音波検査(エコー検査) 説明図
プローブを動かしながら、乳房内部を確認します。

乳房に超音波をあて、はね返ってくる反射波を画像化した検査です。乳房表面にゼリーを塗って、その上からプローブと呼ばれる機械をあてて乳房内部を写します。

マンモグラフィのように微細なしこりや石灰化を写すことには適していませんが、乳房の内部の構造を観察しながら、触診では検出できない小さな病変を見つけることができます。痛みはなく、X線を使わないので、何度でも検査を受けられ、妊娠中でも検査が可能です。

視触診

乳房を観察して、乳房の変化や乳頭の湿疹や分泌物がないかどうかをチェックします。また、手で乳房に直接触れてしこりの場所、数、大きさ、形、硬さ、動きかたなどをチェックします。乳癌の場合のしこりは一般的に固く、境目がはっきりしないことが多いといわれています。

参考文献:

MRI検査、CT検査

磁気やX線を使って乳房の内部を画像にして調べる検査です。主に乳癌がみつかった後に、乳癌の広がりを調べるために行われています。
乳癌をみつけるためにMRI検査を行っている医療機関もあります。特に、遺伝的な理由などにより乳癌にかかるリスクの高い人の場合には、乳癌をみつけるためのMRI検査は有効と考えられています。一方で、一般の人の場合には、乳癌をみつけるためにMRI検査を行うと、治療の必要のない良性な変化を多数発見してしまい、結果として不要な検査の増加につながるため、望ましくないとされています。

どちらの検査でも磁気やX線の影響、また造影剤を使用することもあるため、妊娠している方には不向きとされています。

参考文献:

遺伝子検査

癌をみつける検査ではなく、遺伝的な体質を調べる検査です。乳癌の患者の10人から20人にひとりは遺伝的に乳癌を発症しやすい体質であると考えられています。遺伝的に乳癌を発症しやすい体質の人は、BRAC1もしくはBRACA2と呼ばれる特定の遺伝子に変異がある場合が多く、遺伝子検査によってBRAC1やBRACA2に変異があるかどうかを調べることができます。乳癌の遺伝子検査は通常採血で行います。

参考文献:

乳がん検診・検査費用

乳癌の検査費用は、自覚症状があるかどうか、いつ受けるか、どのような方法で受けるか、によって変わります。
まず、自覚症状がある場合には保険診療となり、自覚症状がない場合には自費診療となります。自覚症状のない40歳未満の場合は、全額自己負担あるいは企業健康保険組合などの制度を利用して一部自己負担で検診を受けるのが一般的です。医療機関によって実施可能な検査の内容や料金は異なりますので事前に確認をしましょう(表1)。一方で、自覚症状のない40歳以上の場合は、各市区町村の検診を利用することで比較的安く受けることができます。自己負担額や検査内容は自治体によって異なりますので、お住いの市区町村のホームページなどを確認しましょう(表2)。

(表1)乳がん検診の料金(全額自己負担額の場合)
検査内容 料金の目安
視触診+マンモグラフィ検査 5,000円~8,000円
視触診+エコー検査 4,000円~6,500円
視触診+マンモグラフィ検査+エコー検査 8,000円~11,000円
視触診+マンモグラフィ検査+エコー検査+MRI検査 41,000円〜50,000円
  • マンモグラフィは何方向から撮影するかによって料金が変わる場合があります
(表2)自治体の乳がん検診の自己負担額の例(平成29年度)
自治体 頻度 対象年齢 検診の内容 自己負担額
北海道
札幌市
2年に1回 40歳以上 問診+マンモグラフィ検査 1,800円1)
東京都
世田谷区
問診+視触診+マンモグラフィ検査 1,000円2)
神奈川県
横浜市
視触診+マンモグラフィ検査 1,370円3)
愛知県
名古屋市
問診+マンモグラフィ検査 500円4)
京都府
京都市
30歳以上 視触診+エコー検査(30歳代) 1,300円5)
視触診+マンモグラフィ検査(40歳以上)
大阪府
大阪市
1年に1回 30歳以上 エコー検査(30歳代) 1,000円6)
2年に1回 (視触診+)マンモグラフィ検査(40歳以上) 1,500円6)
福岡県
福岡市
40歳以上 問診+マンモグラフィ検査 1,500円7)
  1. 1) 医療機関で実施し、2方向撮影した場合
     http://www.city.sapporo.jp/eisei/kenshin/gankenshin.html
  2. 2) http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/105/146/625/d00008681.html
  3. 3) http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/14594.html
  4. 4) http://www.city.nagoya.jp/kenkofukushi/page/0000008996.html
  5. 5) http://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/page/0000117091.html
  6. 6) http://www.city.osaka.lg.jp/kenko/page/0000018725.html
  7. 7) 医療機関で実施し、2方向撮影した場合
     http://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/shika-eiyo/health/kenko-dukuri/nyuugankensinhenkou.html
  • いずれも2017年6月時点の情報です。

診断内容を確定させるための「確定診断」

細胞診・組織診(生検) 説明図
採取した細胞や組織を顕微鏡で確認します。

乳癌であるかどうかを確定するためには、病変から採取した細胞や組織を顕微鏡で見てがんかどうかを判別します。乳癌の確定診断にもっともよく用いられるのが「穿刺吸引細胞診(せんしきゅういんさいぼうしん)」「針生検(はりせいけん)」です。

穿刺(せんし)吸引細胞診

乳房内のしこりに細い注射針を刺し、細胞を吸引・採取して、がん細胞かどうかを調べる検査です。針を刺すので痛みは少しありますが、局所麻酔は必要とせず、注射の跡も残りません。反面、細い針を使うため、採取できる細胞の量がとても少なく、正確な診断が難しいことがあります。
細胞診は、良性か悪性かを推定するために行われることが多く、がんと確定するためには、より多くの組織を採取できる組織診が必要となります。

針生検(組織診)

病変部に太めの針を刺して病変組織を採取し、症状の原因を調べる検査です。
針生検は、組織を採取するときに用いられる機械の種類によって、〈コア針生検〉〈吸引式乳房組織生検〉に分けられます。どちらも痛みを抑えるため、局所麻酔を用いて検査します。

コア針生検

バネの力を利用して病変部の組織を切り取る方法です。組織片を採取できるため、細胞診より確実な診断が可能です。ただし、病変がほんの少ししか採取できなかった場合や、つぶれてしまった場合は、〝がんの疑い〟といったあいまいな診断になることもあります。このような場合は、追加の検査が必要です。

吸引式乳房組織生検

コア針生検よりもさらに太い針を刺して自動的に吸引して組織を採取する方法です。マンモトームという機械を用いる場合、「マンモトーム生検」と呼ばれることもあります。 1度で複数の組織を採取できるため、しこりがはっきりしない場合にも生検を行うことが可能です。

外科的生検

手術で病変の一部・または全部を摘出して検査する方法です。
組織診の中で最も多くの組織量が得られますが、大きく切開するため傷跡が残る可能性があるなど、患者さんへの負担が大きい検査です。