乳癌のセルフチェック(自己検診) - しこりを見つけるコツを知る

自宅でもできる自己検診をやってみましょう

乳癌は、自分で見つけることができるがんです。月に1回、自己検診を行って、乳房の状態をチェックしましょう。
定期的にチェックすることで、ふだんの乳房の状態がわかり、少しの変化でも気づきやすくなります。

しこりが見つけやすい時期 の目安は、生理が始まって1週間~10日頃までです。
閉経を迎えた人は、毎月1回、覚えやすい日を決めてチェックしましょう。
気になる変化をみつけたら、早めに医師に相談し検査を受けてください。
乳癌検診で「異常なし」といわれた場合も、自己検診はそのまま続けましょう。

触診のコツと注意点

乳がんの自己検診の方法

乳房の変化を確認するため、チェック結果を
ノートなどに書きとめておくとよいでしょう。

■鏡に向かって
  1. 1 鏡の前に自然な状態で立ち、療法の乳房に違和感がないかよく観察します。
    乳房の形、色、高さに違いはないか
  2. 2 両手を上げ、正面、側面、斜めから乳房の形や皮膚のようすを観察します。
    • 乳房にくぼみやひきつれがないか
    • 乳頭が凹んだり、湿疹のようなただれがないか
    • 乳頭に血の混じった分泌物が出てないか
■仰向けに寝て(※左右それぞれ行います)
腕をあげ、反対側の指の腹で触りながら、「しこりの有無」を調べます。
  1. 1 乳頭を起点に指の腹を渦巻き状に動かし、外縁まで広げて、しこりがあるかを確認
  2. 2 親指以外の4本の指を伸ばし、縦や横方向にまんべんなく触り、しこりがあるかを確認
  3. 3 わきの下に手を入れて、しこりがあるかを確認
  4. 4 乳房や乳頭を絞るようにして、乳頭から血の混じった分泌物が出てないかを確認

指先で乳房をつままない 説明図

指先で乳房をつままない

指先でつまむと、乳腺が硬いしこりのように感じられるため、しこりと間違えやすくなります。

仰向けのときは、肩下に枕やタオルを置いておく 説明図

仰向けのときは、肩下に枕やタオルを置いておく

肩下に枕や折りたたんだタオルを置き、この上に仰向けになって触診を行うと、しこりに触れやすくなるので効果的です。

おもな自覚症状と、異常に気付いた場合の対処方法

乳癌の自己発見につながる症状として最も多いのが「しこり」です。また、「乳房の皮膚の変化」や「乳頭のただれ」、「乳頭からの血の混じった分泌物」なども乳癌発見の手がかりとなります。 こうした症状以外にも気になる変化を感じたら、専門医を受診しましょう。

なかには「次の検診を待って」と考える人もいますが、検診は、症状を自覚していない人のがんを早期に発見するためのものです。すでに症状がある人は、その異常に特化した検査が必要ですので、必ず乳腺の専門医を受診して、病気かどうかを確認してください。

自己発見の手がかりとなる主な自覚症状

  • しこりがある
  • 乳房の皮膚に、ひきつれやくぼみがある
  • 乳頭がへこんだり、陥没している
  • 乳頭から血の混じった分泌物が出る
  • 乳房の皮膚がオレンジの皮のように変色している
  • 乳頭がただれたり、びらんが生じている
  • わきの下にグリグリしたしこりがある