乳癌と妊娠・出産・授乳について知る

出産経験と乳癌の関係

日本で1993年から2003年に行われた研究では、出産経験のない女性は、出産経験のある女性よりも、乳癌にかかる可能性が2.2倍高くなりました。閉経後の女性だけを対象に計算すると、出産経験のない女性は出産経験のある女性よりも乳癌にかかる可能性が3.4倍高くなりました。

また、初産年齢が高いと乳癌にかかる可能性が高くなると考えられています。日本で実施されたある研究では、初産年齢が25歳未満の女性に比べて、25-29歳では1.0倍、30-34歳では2.0倍、35歳以上では2.1倍、乳癌にかかりやすくなったという結果が報告されています。閉経後の女性だけを対象に計算すると、25-29歳では1.1倍、30-34歳では2.2倍、35歳以上では3.3倍と、閉経後でより初産年齢の影響が強く見られました。この傾向は日本のほかの研究においても同様でした。

その他にも、赤ちゃんに母乳を与えることで母親の乳癌発症の可能性が低くなることが考えられています。

参考文献:
  • 一般社団法人日本乳癌学会編: 2015年Web版ガイドライン 科学的根拠に基づく 乳癌診療ガイドライン 出産は乳癌発症リスクと関連するか
    http://jbcs.gr.jp/guidline/guideline/g4/g41240/新しいウィンドウが開きます
  • Kawai M et al.: Reproductive factors, exogenous female hormone use and breast cancer risk in Japanese: the Miyagi Cohort Study. Cancer Causes Control. 21(1): 135-145, 2010
  • Tamakoshi K et al.: Impact of menstrual and reproductive factors on breast cancer risk in Japan: results of the JACC study. Cancer Science. 96(1): 57-62, 2005
  • JACC Study、月経歴と生殖歴が乳癌の罹患リスクに及ぼす影響
    http://publichealth.med.hokudai.ac.jp/jacc/reports/ktama5/index.html新しいウィンドウが開きます
  • Iwasaki M et al.: Role and impact of menstrual and reproductive factors on breast cancer risk in Japan. European Journal of Cancer Prevention. 16(2): 116-123, 2007
  • 国立がん研究センター、生理・生殖要因と乳癌の可能性について
    http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/293.html新しいウィンドウが開きます
  • 一般社団法人日本乳癌学会編: 2015年Web版ガイドライン 科学的根拠に基づく 乳癌診療ガイドライン 授乳は乳癌発症リスクと関連するか
    http://jbcs.gr.jp/guidline/guideline/g4/g41250/新しいウィンドウが開きます
  • 国立がん研究センター 日本人のためのがん予防法
    http://epi.ncc.go.jp/files/02_can_prev/150303E4BA88E998B2E38391E383B3E38395s.pdf新しいウィンドウが開きます

妊娠・出産と乳癌

乳癌になったら妊娠・出産しないほうがいいの?

かつては乳癌にかかった後の妊娠・出産は避けられる傾向がありました。しかし、最近の研究から、乳癌の治療後に妊娠することで、胎児の異常や奇形が起こりやすくなる、ということはなく、一般の女性の場合と変わらないことが明らかとなってきました。授乳によって乳児に悪影響を及ぼす可能性もないと考えられています。

また、乳癌治療後の妊娠によって癌が再発しやすくなる、ということもありません。いくつかの報告から、乳癌治療後に妊娠した患者さんと、妊娠しなかった患者さんの再発しやすさは同程度であったことが確認されています。

妊娠に気づいてから乳癌と診断されたら?

妊娠の継続によって癌の進行が早くなったり、再発の可能性が高まったりすることはありません。

ただし、癌の検査、手術、治療は、胎児に影響をおよぼす可能性があります。妊娠の時期によっては行わない方がよいものがあり、そのような場合は時期をずらしたり、出産後に行ったりすることがあります。特に、妊娠前期に乳癌と診断された場合は、流産する可能性や胎児に異常や奇形を起こす可能性があるため、担当医や家族との十分な相談が必要です。

乳癌治療後に妊娠・出産できるの?

治療中は妊娠しないように気をつける必要があります。治療終了後は妊娠可能ですが、薬剤が体内から排出されるまで数ヵ月は間をあけた方がよいと考えられています。

ただし、治療内容によっては卵巣にダメージを与え、治療後に閉経が早まったり不妊になったりする可能性がある場合があります。また、治療期間自体が5~10年と長期に及ぶことで、加齢に伴い卵巣の機能が下がる場合もあります。そのため、乳癌治療後の妊娠・出産を希望する場合は、治療開始前に担当医に伝えておく必要があります。

将来の妊娠・出産の可能性を残したい

婚姻関係にあるパートナーがいる場合、治療を開始する前に体外に卵を摘出し、対外受精を行い、その受精卵を冷凍保存しておき、治療がおちついたら人工授精によって妊娠するという、生殖医療と呼ばれる方法があります。婚姻関係にあるパートナーがいない癌患者さんの場合も、特定の施設において未受精卵を凍結保存することも可能になってきています。

生殖医療では卵の摘出に時間がかかるため、乳癌治療のスケジュールが遅れる可能性があります。そのため、乳癌の担当医と生殖医療の専門医の双方とコミュニケーションをとり、情報を集め、十分に理解・検討したうえで判断することが重要です。

BRCA遺伝子変異と妊娠

BRCA遺伝子変異と妊娠しやすさの関連ははっきりとはわかっていませんが、卵子の質や数に影響する可能性が考えられています。遺伝子検査によりBRCA遺伝子変異が見つかった場合、患者さんの今後の家族計画を検討するために、担当医から生殖医療専門医に相談することが望ましいとされています。

参考文献:
  • 一般社団法人日本乳癌学会編:患者さんのための乳癌診療ガイドライン 2016年版 Q66.
    http://jbcs.gr.jp/guidline/p2016/guidline/g9/q66/新しいウィンドウが開きます
  • 一般社団法人日本乳癌学会編:患者さんのための乳癌診療ガイドライン 2016年版 Q67.
    http://jbcs.gr.jp/guidline/p2016/guidline/g9/q67/新しいウィンドウが開きます
  • 乳癌患者における妊孕性保持支援のための治療選択および患者支援プログラム・関係ガイドライン策定の開発班編:乳がん治療にあたり将来の出産をご希望の患者さんへ
    http://www.j-sfp.org/dl/pb130626新しいウィンドウが開きます
  • 田村宣子、清水千佳子:乳がん患者の妊孕性とサバイバーシップ 癌と化学療法 42(3): 272-275, 2015
  • 高江正道、鈴木直:わが国における遺伝性乳癌卵巣癌患者に対する生殖医療 産婦人科の実際 65(6): 701-708, 2016

授乳中のしこりに気づいたら


図1

妊娠後期や授乳中に急にできるしこりの多くは、乳瘤(にゅうりゅう)と呼ばれる、乳汁が部分的に溜まったものです。乳瘤は乳房マッサージや授乳によって乳汁のつまりをよくすることで解消します。乳房マッサージをしてもしこりがなかなか解消しなかったり、しこりをつまむと皮膚がえくぼ状にくぼんだりする場合(図1)には、乳腺専門医に相談し問題がないかどうかを確認してもらいましょう。

参考文献:
  • 中村清吾:授乳中ですが、しこりが触れて心配です。乳がんではないですか? ペリネイタルケア31(8): 822-824, 2012