乳癌の手術について

外科手術は、乳癌に対する最も基本的な治療法で、ステージⅠ期~Ⅲ期の乳癌治療に必要となります。現在は、それぞれの患者さんに応じた手術を行い、手術と薬物療法、放射線療法を組み合わせて、必要以上に大きな手術を行うことはないような治療法が検討されるようになっています。

外科手術の標準的な術式には、次の「乳房温存手術」「乳房切除術」があります。

乳腺の一部を切除する外科手術「乳房温存手術」

しこりを含む乳腺の一部を切除する手術です。原則として乳頭、乳輪は残し、必要に応じて、センチネルリンパ節生検(注1)、あるいは腋窩リンパ節郭清(注2)を行います。温存手術は、切除方法によって下記の3つの術式に分けられます。
いずれの場合も、温存した乳房内の再発を防ぐため、術後に放射線療法を組み合わせるのが基本です。これを「乳房温存療法」と言います。

(注1)センチネルリンパ節生検:がん細胞が最初に転移するリンパ節があり、これをセンチネル(見張り)リンパ節といいます。このリンパ節を摘出し、がん細胞があるかどうかを顕微鏡で調べる一連の検査をセンチネルリンパ節生検と呼びます。

(注2)腋窩(えきか)リンパ節郭清(かくせい):がん細胞はリンパ液の流れに乗って、周辺のリンパ節に入り込む、転移を起こすことが知られています。手術前に触診や画像診断などで腋窩(わきの下)リンパ節に転移があると診断された場合は、腋窩リンパ節郭清を行います。

乳房温存手術

  • 乳房扇状部分切除術

    乳房を乳頭から扇状にやや大きく切除する

  • 乳房円状部分切除術

    腫瘍から約1~2cmの安全域を含め円状に切除する

  • 腫瘍摘出術

    正常の乳腺をほとんど切除せず、しこりのみを取り除く方法

検討される・されない場合の条件

下記の項目に当てはまる場合は、乳房温存手術が検討されます。ただし、早期の乳癌でも乳管内の広がりが広範囲なときは温存手術の適応とはなりません。

乳房温存手術の主な適応

  • 病期II期までで腫瘍の大きさが3cm以下の乳癌
  • 腫瘍を完全に取りきることができ、かつ見栄えも良好な手術が可能と判断された場合は4cmまで適応となることもある。
  • 腫瘍が3cmを超える場合でも、術前化学療法を行って腫瘍が縮小した場合に実施することもある。

乳房温存手術が適応にならない場合

  • 1.乳癌が広範囲にわたって広がっている(マンモグラフィで乳房内の広範囲に微細石灰化が認められる場合など)
  • 2.以下の理由で温存乳房への放射線療法が行えない場合
    • 温存乳房への放射線療法を行う体位がとれない
    • 妊娠中である
    • 過去に手術した側の乳房や胸郭への放射線療法を行ったことがある
    • 強皮症や全身性エリテマトーデスなどの膠原病を合併している
  • 3.しこりの大きさと乳房の大きさのバランスから、乳房温存手術では美容的な仕上がりが良くないと予想される
  • 4.患者さんが乳房温存療法を希望しない、あるいは乳房切除術を希望する

乳房の組織をすべて切除する外科手術「乳房切除術」

乳房切除術

  • 胸筋温存乳房切除術

    乳頭やしこりの上の皮膚を含め乳腺すべてを摘出するが、大胸筋や小胸筋は残す

乳房切除術は、しこりの上の皮膚を含め、乳房の組織をすべて切除する手術です。以前は乳房の下の大胸筋や小胸筋も取っていましたが、現在では、大胸筋や小胸筋は残す「胸筋温存(きょうきんおんぞん)乳房切除術」が標準的となっています。必要に応じて、「センチネルリンパ節生検」、あるいは「腋窩(えきか)リンパ節郭清(かくせい)」を行います。

切除術では、胸のふくらみや乳輪、乳頭は残せませんが、手術中または手術後に「乳房再建術」を組み合わせることで、乳輪、乳頭も含めて失われた乳房を人工的に取り戻すことが可能です。

検討される・されない場合の条件

切除術の主な適応は、病期がIII期の乳癌です。また、乳房温存手術の適応がない場合にも、切除術が選択されます。

  • しこりの大きさが3㎝を超える
  • 乳癌が乳腺内に広範囲に広がっている
  • 複数のしこりが同じ乳房内の離れた場所にある
  • 乳房温存手術後に何らかの理由で放射線治療を受けられない
  • 患者さん本人が希望している