乳癌と遺伝 - 乳癌と遺伝の関係、遺伝子検査について知る

乳癌と遺伝の関係

乳癌を発症した人の5~10%は、遺伝的に乳癌を発症しやすい体質であると考えられています。そして、遺伝性乳癌の多くは、生まれつきBRCA1遺伝子またはBRCA2遺伝子に変異があることが知られています。BRCA1遺伝子やBRCA2遺伝子に変異があると、これらの遺伝子に基づいて体内で合成されるBRCA1やBRCA2と呼ばれるタンパク質が正常に機能せず、細胞の癌化を引き起こしやすくなります。

BRCA1遺伝子やBRCA2遺伝子に変異がある場合でも、100%必ず癌を発症するというわけではありません。BRCA1遺伝子やBRCA2遺伝子に変異をもつ人が生涯で乳癌にかかる可能性は65~74%とされています。また、卵巣癌の発症とも関係があることがわかっており、BRCA1遺伝子に変異がある場合は生涯で卵巣癌にかかる可能性は39~46%、BRCA2遺伝子に変異がある場合は12~20%とされています。なお、男性でこれらの遺伝子に変異がある場合、もともと男性ではめったに乳癌にかからないものの、遺伝子変異のない男性よりも乳癌の可能性が高くなると考えられています。

親のどちらかがBRCA1遺伝子あるいはBRCA2遺伝子に変異がある場合、お子さんにも遺伝子変異が受け継がれる確率は、男女関係なく50%です。つまり、BRCA1遺伝子やBRCA2遺伝子の変異は子ども全員に受け継がれるわけではなく、同じ家系の中でも変異がある人とない人がいることになります。

親のどちらかがBRCA1遺伝子あるいはBRCA2遺伝子に変異がある場合、子にも遺伝子変異が受け継がれる確率は、男女関係なく50%です。ただし、変化の遺伝子を持っている男性や女性が全員乳がんや卵巣がんになるわけではありません。
参考文献:

遺伝性乳癌を疑う時

医療従事者向けの日本乳癌学会の診療ガイドラインでは、「遺伝性乳癌家系である可能性を考慮すべき状況」として、いくつかの項目のうち、ひとつでもあてはまるものがあれば、遺伝性乳癌の可能性を念頭において診療を行うことを推奨しています。

(項目の例)

  • 50歳以下で乳癌を発症した
  • トリプルネガティブである
  • 両方の乳房に癌を発症した
  • 片方の乳房に複数の癌を発症した
  • 家系内に50歳以下で乳癌を発症した人がいる
  • 家系内に卵巣癌を発症した人がいる

※詳しくはガイドラインをご参照ください。

家系の中に乳癌の人がいるからといって、必ずしもBRCA1遺伝子やBRCA2遺伝子に変異が見つかったり、遺伝性乳癌と診断されたりするわけではありません。日本乳癌学会の研究班が行った調査では、家系内に「乳癌を発症した人が3人以上いる」あるいは、「両方の乳房に癌を発症した人と、40歳未満の乳癌の人がいる」あるいは、「両方の乳房に癌を発症した人と、卵巣癌の人がいる」260名のうち80名(31%)の方で、遺伝子検査でBRCA1遺伝子あるいはBRCA2遺伝子の変異が確認されたことが報告されています。

参考文献:
  • 一般社団法人日本乳癌学会編: 2015年Web版ガイドライン 科学的根拠に基づく 乳癌診療ガイドライン 総説:遺伝性乳癌と遺伝学的検査、遺伝カウンセリング
    http://jbcs.gr.jp/guidline/guideline/g4/g41430/新しいウィンドウが開きます
  • 一般社団法人日本乳癌学会編:患者さんのための乳癌診療ガイドライン 2016年版 Q5.
    http://jbcs.gr.jp/guidline/p2016/guidline/g1/q05/新しいウィンドウが開きます
  • 三木義男:癌と化学療法 44(2): 102-106, 2017
  • Nakamura S et al.: Prevalence and differentiation of hereditary breast and ovarian cancers in Japan. Breast Cancer 22(5): 462-468, 2015

遺伝子検査とは

遺伝子検査は、採血した血液または採取した唾液を用いて、BRCA1遺伝子やBRCA2遺伝子に変異があるかどうかを調べます。ご家系の中で初めて検査を受ける場合、検査の結果が出るまでにおよそ3週間かかります。また、乳癌の遺伝子検査は保険適用の対象ではないため、20~30万円の個人負担が必要になります。最近では次世代シーケンサーを利用した遺伝性がん関連遺伝子検査 Colorも登場しており、約9万円と比較的安価で検査を受けることも可能になってきています。

仮に、遺伝子変異が見つかった場合でも、実際にがんを発症するかどうか、いつ発症するのかについてはわかりません。また、遺伝子に変異がなかった場合でも、遺伝によるものでないかどうかについては、患者さんの状況や家族歴を考慮して専門的に判断が行われます。さらに、BRCA1遺伝子やBRCA2遺伝子の他にも、まだみつかっていない未知の遺伝子が乳癌と関わっている可能性もあります。当然のことながら、未知の遺伝子について現在の遺伝子検査で調べることはできません。

遺伝子検査は決して安価なものではありませんし、検査をしたからといってすべての問題が解決するわけではありません。ですから、検査を行う前には十分な遺伝カウンセリングを受けることが勧められています。

参考文献:

遺伝カウンセリングとは

カウンセリング 説明図

遺伝カウンセリングとは、相談者の遺伝に関する問題について、医学的な意味、心理学的な意味、そして相談者のご家族にとってどのような意味があるのかを、相談者が理解し、それに変化・適応していくことを助けるための一連のやりとりです。

アメリカで行われたアンケート調査では、遺伝カウンセリングを受けてから遺伝子検査を行った人の方が、そうでない人に比べて、BRCA1遺伝子やBRCA2遺伝子についてより多くの知識をもち、検査についてより深く理解し、より満足できたという結果が出ています。

現在、日本では遺伝カウンセリングおよび遺伝子検査を受けることのできる施設は約100施設あり、医師や看護師、認定遺伝カウンセラーなどが遺伝カウンセリングを担当しています。

参考文献:
  • 小杉眞司編:遺伝カウンセリングのためのコミュニケーション論 京都大学大学院医学研究科遺伝カウンセラーコース講義 メディカルドゥ 2016年26ページ
  • Armstrong J et al.: Utilization and Outcomes of BRCA Genetic Testing and Counseling in a National Commercially Insured Population: The ABOUT Study JAMA Oncology 1(9): 1251-1260, 2015
  • 日本HBOCコンソーシアム:カウンセリング・検査施設一覧
    http://www.hboc.jp/facilities/index.html新しいウィンドウが開きます
  • 一般社団法人日本乳癌学会編: 2015年Web版ガイドライン 科学的根拠に基づく 乳癌診療ガイドライン 総説:遺伝性乳癌と遺伝学的検査、遺伝カウンセリング
    http://jbcs.gr.jp/guidline/guideline/g4/g41430/新しいウィンドウが開きます
  • 日本認定遺伝カウンセラー協会:認定遺伝カウンセラー一覧(本協会会員)
    http://plaza.umin.ac.jp/~cgc/expert_counselor.html新しいウィンドウが開きます