乳癌の症状と種類 - 発生部位やしこり、痛みなどの自覚症状を知る

乳癌の発生部位と発生頻度

おもな発生部位と名称

乳癌の発生部位 説明図

がん細胞が乳管や小葉を包む
基底膜を破って外に出ている

乳癌は、乳腺組織に発生する悪性腫瘍です。
乳腺組織は母乳を作る「小葉」と母乳を乳頭まで運ぶ「乳管」に分けられます。

乳管から発生したものを「乳管がん」、小葉に発生したものを「小葉がん」、乳管開口部付近に発生したものを「パジェット病」と呼びます。乳癌の約90%は乳管から発生した乳管がんです。

悪性腫瘍とは?

細胞が異常に増殖してできたものを「腫瘍」といいます。腫瘍の発生には遺伝子の変異が関係しますが、変異がいくつも重なることで周辺の組織に浸潤したり、他の臓器に転移するものが悪性腫瘍です。悪性腫瘍は放置すると全身に転移し、最終的に命を脅かすことになります。
一方、良性腫瘍は、遺伝子の変異は少なく、増殖しても浸潤したり転移することがないので、一般に命を脅かすことはありません。
腫瘍が良性か悪性かは、生検や細胞診で、細胞の顔つきや組織の状態を調べる病理検査で判別します。

部位別の発生頻度

部位別の乳癌発生頻度 説明図
全国乳癌患者登録調査報告 第32号2000

乳癌が最もできやすい部位をエリア別にみると、左右ともにわきの下に近い乳房の外側上部が半数近くを占めており、次に内側上部外側下部と続きます。外側上部が多いのは、この部分に乳腺組織が最も多く集まっているためと考えられています。

乳癌の種類

乳癌は「非浸潤がん」、「浸潤がん」、「パジェット病」の3つの種類に大別されます。

  • 「非浸潤がん」は乳管内にとどまっている早期のがんです。転移を起こすリスクは低いので手術で切除すればほぼ100%完治します。
  • 「浸潤がん」は乳管や小葉の外まで広がっているものをいいます。がん細胞が血管やリンパ管に流入することで、周囲のリンパ節や乳房以外の臓器に転移する可能性があります。
  • 「パジェット病」はしこりをつくらず乳頭を中心に皮膚炎のような症状をみせながら周囲に広がるタイプの乳癌です。通常は転移を起こすことがなく、予後のよいがんです。
  • 予後:病気の経過や終末に関する医学的な見通しのこと。
非浸潤がん がん細胞が乳管または小葉の中に留まっているもの。
転移を起こさない早期のがん。
浸潤がん がん細胞が乳管や小葉の外にまで広がっているもの。
転移する可能性がある。
パジェット病 乳頭近くの乳管内に発生した特殊なタイプの乳癌。
乳頭の湿疹や赤み、びらんが発見の手がかりになる。

乳癌のおもな自覚症状

乳癌発見のきっかけとして最も多いのは「しこり」です。通常痛みはありませんが乳腺症を合併した場合や炎症性乳癌などでは痛みを感じることもあります。
最近は画像診断が発達したため、しこりなどの自覚症状がないうちに乳癌検診などで発見されることも増えています。

しこり 乳癌が0.5~1cm位の大きさになると自分の手でしこりとして認識できるようになります。通常しこりに触れても痛みはありません。
乳頭から血の混じった分泌物が出る がん細胞が乳頭にまで達すると乳頭から分泌物が出てきます。非浸潤がんは、しこりなどの自覚症状がなく検診で発見される率が増えていますが、乳頭から血性の分泌物が出ることで異常に気づくこともあります。
乳頭の陥没や乳房のくぼみ がんが乳房の皮膚や乳頭に近いところに達することで現れることがあります。
乳房の皮膚表面がオレンジの皮のようになる 炎症性乳癌で多く見られる症状です。他にも炎症性乳癌では、痛みや熱感を伴うなど乳腺炎とよく似た症状を示すことが知られています。
乳頭のただれや周囲の皮膚の湿疹 パジェット病でみられる症状です。
乳房近くのリンパ節の腫れ(腕のむくみしびれ) 乳房近くのリンパ節に転移した場合、リンパ節が腫れたり、周囲の神経が圧迫されて腕がむくんだりしびれることがあります。
  • 炎症性乳癌:しこりがなくがん細胞が乳房全体に広がる特殊なタイプの乳癌。進行が早く悪性度が高い。

乳癌の発症頻度と傾向(罹患率)

乳癌にかかる女性は世界的に増加しています。日本でも1995年以降、乳癌は女性のがん罹患率のワースト1となり、国内の新規乳癌患者数は年間6万人以上(2007年統計)と、患者数死亡者数ともに増え続けています。
増加の要因としては、食生活の欧米化により栄養状態が良くなり成長が早くなったため初経年齢が早く閉経が遅くなっていること、また、晩婚化や少子化、初産年齢の高齢化などライフスタイルの変化によりエストロゲンにさらされる期間が長くなっていること、などが指摘されています。
乳癌は男性にも発症しますが、罹患率は女性患者さんの1%程度と少なく、高齢者に多いのが特徴です。

女性乳がんの年齢別罹患率

女性乳癌の年齢別罹患率 説明図

乳癌の罹患率を年齢別にみると欧米では60歳以降がピークとなるのに対し、日本では30歳代から急上昇し、 40代後半から50代の働き盛りにピークがみられるのが特徴です。ただし最近は各年代で増加しており30代の若い女性や70歳以降の高齢の女性で見つかることも増えています。

乳癌の発症理由(リスク要因)

乳癌の発生や増殖には、女性ホルモンであるエストロゲンが関与していることから、生涯の分泌量が多くエストロゲンにさらされる期間が長いほど発症リスクは高くなることが知られています。このため初経年齢が早いこと、閉経年齢が遅いこと、出産・授乳経験がないことなどがリスク要因となります。またエストロゲンは閉経後も脂肪組織で作られるため、閉経後の肥満もリスク要因に挙げられます。さらに乳癌の家族歴や良性の乳腺疾患の既往などがある場合も乳癌になりやすいことが知られています。
他にも、夜間勤務やアルコールのとり過ぎなどがリスク要因となることが最近の調査で明らかになってきました。

乳癌の主なリスク要因

  • 初経年齢が若い
  • 初経から閉経までの期間が長い
  • 高齢初産(または出産歴・授乳歴がない)
  • 閉経後の肥満
  • 良性の乳腺疾患になったことがある
  • 家族(特に母姉妹)が乳癌になったことがある
  • 出生時の体重が重い
  • ホルモン補充療法(プロゲステロン併用療法)の長期施行
  • 放射線の被曝
  • 喫煙
  • 夜間勤務
  • アルコールの摂取量が多い など

参考:日本乳癌学会編「乳癌診療ガイドライン②疫学・診断編」2011年版

  • これらに該当しなくても、女性であれば誰でも乳癌にかかる可能性がありますので、定期的な検診を受けることが大切です。