代替療法について

チョコたんさんがピックアップ
2013/10/11 00:00:00

「病院で受ける治療に加え、何か他に自分にできることはないか?癌に効くものはないか?」そしてたどり着く様々な代替療法(民間療法)。周囲から、それらを強く勧められたという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
がん告知を受けてから一番最初にこの情報収集を行ったという自身の体験もあり、関心も高いのではないかと思い、これをテーマに選んでみました。

カテゴリ
治療法

会員登録(無料)で回答をすべて閲覧できます。

会員登録(無料)

黄色いくまさん
2008/10/03 00:53:10

先日、膵臓がんを何とか摘出する為に、
無理を押して主治医の先生が膵臓がん摘出に動いて下さいました。

しかし、動脈・門脈への浸潤が確認、細胞検査にて、
ステージ4bと診断、抗がん剤の治療への転換を告げられました。

私としては少しでも良い治療法を求め、
ネットなどで情報収集中ですが、NK細胞などを使った
免疫細胞療法というのが目に入りました。

かなり高額の自由診療となるため、本当に主流になりつつある治療法なのか、効果は期待できるのか、ご存知のお医者様がいらっしゃいましたらご助言をお願い致します。
(30代 男性)

回答を見る

ひゅい
2008/03/26 00:03:09

父が肝細胞癌で治療中です。約二年前に肝硬変がみつかってから、RFAを2回しています。三度再発が疑われていますが、腹水のコントロールか不良で、現在腹水の入院治療をしています。
ネットで免疫細胞療法のことをみつけ、やってみたいとパンフレットなどをとりよせたりしました。効果も4人に一人ということはわかりました。
率直にお医者さんのたちの免疫細胞療法というものに対する評価を参考にさせていただきたいのですが、いかがなものでしょうか?やはり民間療法の中のひとつというかんじなのでしょうか?
(30代 女性)

回答を見る

ガロファン
2008/02/27 22:44:47

癌に関する代替療法ですが、おおよその医者はエビデンス
がないから民間療法は無効だとおっしゃる方が多い気が
します。(一部では真剣に取り組んでいる医者もいらっしゃいますが・・・。)
しかしながら、癌患者の中にはワラをもすがる思いで民間
療法に頼る方も少なくありません。そこで、本当に民間療
法(代替療法)はまったく無効だと言い切れるものでしょ
うか。
エビデンスのハッキリしない薬って漢方をはじめたくさん
ある気がします。どうして癌の代替療法だけが際物(きわもの)
扱いを受けるのでしょうか?

フコイダンにアガリスク、プロポリス、ホルミシス、丸山
ワクチン、etcどれも癌治療(再発予防)には無効で意味
のないものなのでしょうか?

何かアドバイスがあれば幸いです。
(40代 男性)

回答を見る

チョコたんさんのコメント
代替治療に対する医師の見解がわかります。また、治療効果に関する質問の回答は大体同じであることもわかります。効果ナシとは言わずともエビデンス(臨床結果等の科学的根拠)のない治療ゆえ、その効果、有効性については定かではなく、また高額であるところからもあまりオススメしないというのが一般的な考え方なようです。
いはやく
2010/02/12 12:39:15

代替治療について教えて下さい。
現在、家族が抗がん剤治療を行っています。医師から厳しい…と言われています。今出来る事はなんなのでしょうか?
代替治療と言われているフコイダン療法はどうなのでしょうか?
お願いします。教えて下さい。
助けて下さい
(20代/女性)

回答を見る

aki4
2008/07/12 23:27:23

こんにちは。60代父食道癌(肺 骨に転移あり)4B期 現在抗ガン剤放射線は白血球が増えたため休止中。抗生剤と絶食で10日過ごしています。飲み込みも悪く食欲もなく抗癌剤のせいかにおいの強い物を受け付けません。プロポリス フコイダン サメ軟骨を家族で準備して飲ませたいと頑張っていますが プロポリス(濃縮粒) フコイダン(飲料)は癖があると拒否 サメ軟骨は粒を小さくしてなんとか飲ませています。あくまでもどれも食品ですから医師もなにも言いませんが 無理して飲ませる事がいいのか?治療できない今こういった物を少しでも飲ませたいと望むのですが本人が望まないのもを無理に飲ませるのがいいのか?先生の考えをお聞かせ頂けませんか?治療できない期間が本当にもどかしいです。
(30代 女性)

回答を見る

チョコたんさんのコメント
では代替療法には手を出さない方が良いのか?というと、それはそうとも言えないようです。医師の回答の中にある「元気づける手段の1つとして否定は出来ない」という言葉に私も同感です。藁にも縋りたい想いの本人や家族は、代替療法に頼ることによって「安心感」や「治療への意欲」といった類の「心の満足感」を得る事が出来ると思います。代替療法が「心の励み」というお守りになり、薬治療になることもあると私は思いました。
ただし、代替治療を行う場合はメイン治療への影響も考慮し、事前に必ず主治医に相談確認するようにと医師も注意を促しています。

会員登録(無料)で回答をすべて閲覧できます。

会員登録(無料)

関連するQ&A(治療法カテゴリの新着)

抗ホルモン剤と抗うつ薬

2014/10/01

ホルモン療法中の更年期症状について

2014/10/01

神経内分泌細胞とは

2014/10/01

非浸潤乳ガン 全摘 ホルモン療法

2014/07/04

ホットフラッシュ

2014/06/27

本サイトのサービスは医学・医療情報の提供を目的としているものであり、診療行為またはこれに準ずる行為を目的として利用することはできません。このサービスにおける医師による返答は治療行為ではありません。ユーザーはこのことを十分認識した上で自己の責任においてこのサービスを利用し、必要ならば適切な医療機関の受診等、自身の判断で行ってください。実際に医療機関を受診する際も、治療方法、薬の内容等、担当の医師によく相談、確認するようにお願い致します。本サイトの利用、相談に対する返答やアドバイスにより何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でもエムスリー株式会社はその一切の責任を負いませんので予めご了承ください。