セカンドオピニオンについて

かなまるこさんがピックアップ
2013/10/11 00:00:00

よく耳にするセカンドオピニオンという言葉ですが、どういったタイミングで、どのような方法で申し出るものなのか、その手順について分かる回答をまとめてみました。

カテゴリ
治療方針

会員登録(無料)で回答をすべて閲覧できます。

会員登録(無料)

マーモット
2012/09/27 11:22:11

身内の70代後半の女性です。

乳房全体が固くなり、わきの下にもしこりがあるため受診したところ、やはり乳がんでした。

乳がんのおおきさは、乳房上半分を占めるくらい大きくて、リンパ節転移あり(約3cm大)、遠隔転移なし、とのことでした。

2年前から自覚症状(胸のしこり)があり、そのときも受診したそうですが、「軽い乳腺炎」とのことで、心配していなかったそうですが、もしかしたら、そのときすでに癌があったのでは?と思っています。

癌のクラスとかステージとかはわからないのですが、画像を示されて、乳房の半分くらい癌になっていると言われたそうです。この大きさになるのに、普通どのくらいの時間が経過するものでしょうか。1年くらいで、こんなに大きくなるのもですか(70代後半です)。

また、現在のところ遠隔転移は認められないとのことですが、リンパ節転移があるということは、すでに遠隔転移もはじまっているのでしょうか。
(50代 女性)

回答を見る

かなまるこさんのコメント
セカンドオピニオン用に必要な資料などが分かります。
まりも7
2008/12/13 14:46:59

母が、10年前に乳がんにかかり、数年ごとに肺に転移したりして、何度か手術、化学療法を受けていたのですが、
今回、脊椎にも転移し、放射線治療を受けた後、
病的骨折の危険があると、固定術を行いました。
しかし、現在、肺に2か所癌があることと、
脊椎の中の状態がひどく、固定術をする際に、癌が
活動しないように、最低限しか癌を取れず、残った状態でその後退院しました。脊椎の方は、使っている化学療法の薬も効かなくなってきており、
現在は自宅で、麻薬と肺の治療にホルモン剤を服用しているようなのですが、
脊椎に対する他の化学治療や、肺と脊椎の癌をすべて取りきってしまうオペなどは不可能なのでしょうか?

詳細な診断内容がわからなければ、なんともいえないとは、思いますが、
田舎の病院で、過去にも何度が再発の発見が遅れたり、
疑問が残る診察を受けており、
がん専門機関の病院に行けば、他の回復に向かうような
治療ができるのであれば、そちらの治療を受けたいとも
考えているのですが。

一般的なご意見をお聞かせ願えればと思います。
(30代 女性)

回答を見る

かなまるこさんのコメント
病院を変えるのに抵抗がある方も多いと思いますが、今は一般的なことであり、患者本人でなくても、家族だけで受けることも可能と分かります。
ポリーニ
2010/02/10 01:39:08

イギリスに住んでいます。
先日東京へ里帰りした際の乳がん検診で触診とマンモグラフィにより1CMのシコリがみつかりました。 (痛みがたまにあります)

その後こちらロンドンの病院で診た貰ったところ、超音波によると 形状が悪い、腫瘤または腫瘍なので至急取り除いたほうがよいとのこと。
針細胞も取り今は結果待ちなのですが悪性良性に関わらず、除去をする手術は一般的なんでしょうか? ドクターは取り除いたものを検査しない限り悪性か良性かは断定はできない、ということなのですが。。。

海外ではこの先不安なのでこの先は日本で、と思っています。日本ではこういった内容の手術は 大抵診察後数日中にできるものでしょうか。。(病院によりますでしょうが目安があれば助かります。。)当方会社員でしてお休み・引継ぎの目安ができればと思ってます。。

お忙しいところありがとうございます。
(40代 女性)

回答を見る

かなまるこさんのコメント
サードオピニオンというものもあると知ることができます。
また、主治医にはセカンドオピニオンを受けたいことを話す必要があり、その理由も分かりやすく書かれています。

会員登録(無料)で回答をすべて閲覧できます。

会員登録(無料)

関連するQ&A(治療方針カテゴリの新着)

非浸潤性入管癌の治療

2014/10/01

ホルモン治療か抗がん剤か迷っています

2014/10/01

トリプルネガティブ術後治療について

2014/10/01

TC療法は必要か?

2014/10/01

病理検査の断端陽性について

2014/10/01

本サイトのサービスは医学・医療情報の提供を目的としているものであり、診療行為またはこれに準ずる行為を目的として利用することはできません。このサービスにおける医師による返答は治療行為ではありません。ユーザーはこのことを十分認識した上で自己の責任においてこのサービスを利用し、必要ならば適切な医療機関の受診等、自身の判断で行ってください。実際に医療機関を受診する際も、治療方法、薬の内容等、担当の医師によく相談、確認するようにお願い致します。本サイトの利用、相談に対する返答やアドバイスにより何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でもエムスリー株式会社はその一切の責任を負いませんので予めご了承ください。