トリプルネガティブの治療法について

かなまるこさんがピックアップ
2013/08/22 00:00:00

選択肢の少ないトリプルネガティブの場合、少ないからこそ、より良い多くの情報が必要になると思いました。

カテゴリ
治療方針

会員登録(無料)で回答をすべて閲覧できます。

会員登録(無料)

あさき1201
2013/01/27 11:01:49

現在乳がん治療中で。術前抗がん剤⇒手術と終わり、今放射線治療をしてます。
基本トリプルネガティブと診断されてますが、ホルモン受容体がわずか1%だけあります。
放射線治療の後、一応ホルモン療法の対象にはギリギリ入るようなのですが、
たった1%なので「効果があまり期待できないこと」「副作用が少なからずあること」から
ホルモン療法をするかどうかは、自分で決めなくてはなりません。

乳腺外科の先生(2人)は、特にお勧めしませんがやりたければどうぞといった感じでした。
放射線科の先生(1人)は、1%でも可能性があるのであればやっておいたほうがよいですと。
担当医師で意見が分かれていることもあり、とても悩んでおります。

なお、ネットで調べて分かったのですが、
ホルモン陽性の判定基準が数年前に10%⇒1%に変更されたようですが
これは何かエビデンスがあってのことでしょうか?
(例えば1%でもあれば効果がある人がいたとか・・・)

乳腺外科の先生、また乳がんに携わっておられる先生方、ご意見いただけないでしょうか。
どうぞ、宜しくお願い致します。
(30代 女性)

回答を見る

かなまるこさんのコメント
ホルモン陽性の判定基準のパーセンテージが下がった意味を知ることができて、治療の選択肢が広がると思います。
ゆめたのし
2012/07/15 16:06:12

乳癌で トリプルネガティブと言うことをききますが それは ホルモンれせぷたー マイナスのひとに すべて あてはまる ものなのですか 私は パジェット病で 温存手術ご 放射線治療中 センチネルリンパ節 転移 マイナス 0期でした。 パジェットは 癌の顔つき グレードは ないといわれたのですが、 トリプルネガティブということはありえますか どんな検査で わかりますか 何も知らない変な質問かもしれないのですが すみません トリプルネガティブという性質を含めて御説明 お願い出来ますか
(40代/女性)

回答を見る

かなまるこさんのコメント
トリプルネガティブとは?という基本を分かりやすく説明されている回答です。
お山のとっとチャン
2009/01/27 21:31:15

12月に乳頭腺管がんで乳房温存手術をし、腫瘍径40×25、グレード3、切除断端(-)リンパ管、血管侵襲(-)リンパ節転移なし、エストロゲン(-)、プロゲステロン(-)、HER2(-)との病理結果がでました。担当医は抗がん剤ファルモルビシン+エンドキサン3週間毎4回とその後タキソールかタキソテール、放射線治療をと勧められましたが、抗がん剤の副作用など不安です。
治療方法が抗がん剤しかない以上やったほうがいいとは思いますが悩んでいます。
抗がん剤治療した場合と、もし放射線治療だけだった場合今後の再発リスクはどれくらい変わってくるものなのでしょうか?
担当医からは、抗がん剤治療しても再発してしまう人もいれば、何もしなくても再発しない人もいると言われました。
その通りだと思いますが、何かご意見が頂ければと思います。
(47歳、女性)

回答を見る

かなまるこさんのコメント
抗がん剤と放射線の治療の意味合いを知ることができます。
その上で、トリプルネガティブだった場合は、抗がん剤の選択しかないことを知り、納得した治療を受けることができると思いました。
まうちん
2010/07/11 13:21:38

トリプルネガティブと診断されましたが、抗がん剤治療を術前か術後のどちらにするか、担当医に選択をするよう言われました。双方メリットデメリット聞きましたが、なかなか結論が出せません。どうしていいのかわかりません。
当初、温存治療出来るサイズだと聞いていたので、切除手術自体は心の準備が出来ていたのですが、抗がん剤治療は予測していなかったため、なにしろ怖いんです。
しかし、このタイプは術後でも抗がん治療は必ず行うということなので、順番のみのことではありますが、かなり悩んでいます。
(40代 女性)

回答を見る

かなまるこさんのコメント
抗がん剤治療を術前か術後にするか、悩む方も多いと思います。
なぜ術後をすすめたのか、素人にも分かりやすい回答でした。

会員登録(無料)で回答をすべて閲覧できます。

会員登録(無料)

関連するQ&A(治療方針カテゴリの新着)

非浸潤性入管癌の治療

2014/10/01

ホルモン治療か抗がん剤か迷っています

2014/10/01

トリプルネガティブ術後治療について

2014/10/01

TC療法は必要か?

2014/10/01

病理検査の断端陽性について

2014/10/01

本サイトのサービスは医学・医療情報の提供を目的としているものであり、診療行為またはこれに準ずる行為を目的として利用することはできません。このサービスにおける医師による返答は治療行為ではありません。ユーザーはこのことを十分認識した上で自己の責任においてこのサービスを利用し、必要ならば適切な医療機関の受診等、自身の判断で行ってください。実際に医療機関を受診する際も、治療方法、薬の内容等、担当の医師によく相談、確認するようにお願い致します。本サイトの利用、相談に対する返答やアドバイスにより何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でもエムスリー株式会社はその一切の責任を負いませんので予めご了承ください。