どうする?術前/術後治療方法の選択

チョコたんさんがピックアップ
2013/04/25 00:00:00

術前、術後の治療方法の選択で悩まれる方は多いと思います。
「術前・術後の化学療法ではどちらが良いのか?」それ以前に「化学療法はやはり必要?」等々。今後の治療方法を選択する上で、参考になりそうなQ&Aを選んでみました。

カテゴリ
治療方針

会員登録(無料)で回答をすべて閲覧できます。

会員登録(無料)

こみ
2012/07/04 20:46:53

抗がん剤治療を手術前が良いか手術後が良いか選択に悩んでいます。
先生の方の御意見お願いします。
乳癌の種類 充実腺管がん
がんの位置 左・乳頭左上
がんの形 扇
大きさ 2.7センチ
しこりの数 1個
エストロゲン受容体 陽性
プロゲステロン受容体 陽性
HER2 陽性
リンパ節・臓器の転移なし
担当の先生は手術前に抗がん剤治療でがん細胞を小さくしてから手術が出来ればと話して下さいました。
がん細胞が気になるようだったら先に手術をしてがん細胞を取り、後日抗がん剤を投与する方法もあるので来週の金曜日に返事をする事になりました。
先生にも伝えたのですが先月から乳頭に軽い痛みもでてきました。
ただ、抗がん剤治療には抵抗があるのですが先生は手術前でも手術後でも投与する方法で考えておられます。
因みに手術前に抗がん剤治療をする場合はEC療法を三ケ月するそうです。種類はパクリタキセルとハーセプチンです。
お手数ですが返信お願いします。
(30代/女性)

回答を見る

チョコたんさんのコメント
手術前・手術後の抗がん剤治療について。その違い、メリット・デメリット等を医師がコメントしています。どちらを選択するべきか悩んでいる方の参考になるかと思います。
akihimejo
2007/04/25 15:04:44

先日左胸にステージ3の乳癌が見つかり、治療を受ける予定なのですが、担当医師から抗癌剤による化学療法からはじめ、その後、乳房切除という順番がよいのではと提案されているのですが、抗癌剤が先というのはどういうメリットがあるのでしょうか?
(40代 女性)

回答を見る

Sydney bay
2009/10/11 23:54:08

専門医の皆様にお伺い致します。
宜しくお願い致します。
妻(50歳)が先日乳がんと診断されました。初めて自分達に向けられた「がん」という言葉が非常にショックで二人して大変落ち込みもしましたが、ここは気持ちを入れ替え前向きに二人で力を合わせ乗り切ろうと誓い合いました。

皆様のアドバイスが頂ければ幸いです。

現在妻の状況は以下の通りです。

1.右乳房の乳がん(約2.5cm)であるとの診断。
2.同時にリンパへの転移が2ヶ所あると診断を受ける。
※その他の検査・・ホルモンレセプター(+)、HER2テスト(3+)
3.今後の治療方針として先に抗がん剤治療をして後、手術をするとの説明を受ける。
4.抗がん剤投与計画は、FEC療法で3週間毎投与法とし、それを6回予定。
ハーセプチン+パクリキセルも投与予定。
5.化学療法の後に手術を予定。

ちなみに抗がん剤治療はまだ開始されておりません。

そこで質問です。

表題にある通り、「抗がん剤治療が先か手術が先か?」ということです。

乳房のがん患部は勿論ですが、現実に転移がはっきりしているリンパ部位を化学療法とはいえ何ヶ月もそのままにして良いものなのでしょうか?

素人考えで恐縮ですが、そのままにすることによりリンパから先への全身への転移の危険度が増大するのではないかと非常に心配です。

それであれば、一刻も早く乳房の患部とリンパ部分を手術で取ってしまったほうが良いのではないかと考えた次第です。
実は、主治医の説明のおり、「患者が多くベットもかなり先じゃないと空きが出ないし・・」との会話を聞くに及んでは、もしやその為に化学療法を先にしたのかな・・と感じてしまったのも事実です。

良きアドバイスを頂ければ幸いです。
(50代 女性)

回答を見る

のりはは
2010/02/24 13:56:10

明日までに、治療方法を担当の先生に決めてくる様言われ、自分ではどうしていいか分からず、申し訳ありませんが、至急、先生方のご意見をお聞かせ願えればと思います。42歳、浸潤性乳管癌、ステージ3a、ホルモンレセプター陽性、HER2陰性、腫瘍4センチ(乳輪の真裏辺り)腋窩リンパ節に転移あり、悪性度低と言われました。術前化学療法+術後ホルモン療法または、術後放射線(リンパ節転移4つ以上の場合)+化学療法+ホルモン療法にするか、迷っております。術前は、抗がん剤が効かなかった場合、予後があまりよくない場合があると言われたこと、母親が同じ乳がんで、悪性度が低いと言われながら、術後1年後肺、脳に転移してしまったこと、子供がまだ小さいこと、そのため一番再発度の確率の低い治療を望んでおります。ここ2ヶ月程で急に腫瘍が大きくなり、痛みも激しく毎日ロキソニンを飲んで、貧血もあります。どうかご回答宜しくお願いいたします。
(40代 女性)

回答を見る

いきる
2013/02/28 01:41:48

ご相談させて頂きます。今年52歳になります。
今年1月に、浸潤性乳管癌(硬癌)の診断により、
乳房摘出術いたしました。
転移もなく、一安心な筈でしたが、病理組織検査の結果、まずは6ヶ月の科学療法を、その後ホルモン療法でとの診断でした。
知人に何人か、科学療法にて非常につらい思いをしていた方がおりましたので、科学療法は避けたい旨を主治医に伝えましたところ、次回予約の4月半ばまではホルモン療法(ノルバデックス)からでいきましよう。それまでに考えておくようにとのご指示でした。
以下が自分のデーターですが、科学療法をした場合としない場合、再発率はどのくらいの差があるのでしょうか。
再発するかもしれない、しないかもしれないもののために、科学療法は避けたい。再発転移してしまったら、どんなに辛くとも受け入れていこうと思いつつ、日々悩んでおります。
御指南頂ければ有難いです。よろしくお願いいたします。
Tubular formation 3点(10%>)

核異形スコア 2点
核分裂像スコア 3点(13個以上/10HPF.WH10x)
grade3(8‐9)
核グレードB+C=3(5‐6点)
大きさ 浸潤部は約1.3×1.3センチ、非浸潤部を含めた癌の存在範囲は1.6×1.3センチ
乳管内進展度 全癌巣の25%未満
脈管浸襲 リンパ管1y(ー)静脈v(ー)
切除断片 陰性

ER 5+3
PgR 5+3
HER2 2+
Ki-67 約60%(hot spots)
(50代/女性)

回答を見る

さくら
2013/02/20 07:46:20

先日、乳癌の温存手術後の病理診断結果について説明を受けましたところ、1.6cm、侵潤癌の硬癌、癌の顔つき2、ホルモン受容体は強、HERー2は無、リンパ節転移0個、Kiー67は21%でした。
主治医からは、放射線治療とホルモン治療をすすめられ、抗がん剤については、してもしなくても、どちらでも構わないとのことでした。
術前の組織診断の病理診断結果では、Kiー67は3%でしたが、実際は21%で、高くなりましたので不安です。
抗がん剤治療については、しておいたほうがよろしいでしょうか?
どちらでもいいのでしたら、したくないのですが、した場合と比べて、再発率はどのくらい変わりますか?
以上、ご回答よろしいお願いします。

(40代/女性)

回答を見る

るるる3
2012/06/15 11:45:55

乳ガンの乳房全摘手術後の治療について悩んでいます。
ホルモン剤、抗がん剤を両方するか、それともホルモン剤だけでも良いのか…。
何かアドバイスを頂けないでしょうか?

妻は41歳で、閉経前です。
妻が乳ガン検診の結果、非浸潤がんと診断され、乳房皮下全摘手術を受けました。
病理検査の結果、一部に浸潤が認められ、下記の診断を受けました。
Invasive ductial carcinoma
Papillotubular carcinoma (DCIS predominfant invasive ductial carcinoma)
Histological grade 2
g, pT1a, (1)4×3mm, (2)2×2mm, V(ー), ly(ー), n(ー)[0/1],
ER(+), PgR(+), Her2 score 0, left breast, Bt+SN

他に所見で
Tubular formation は 20%程度でスコア3
Nuclear atypical は スコア2
Mitotic counts はスコア1(1/10HPF)
Histological grade 2
血管侵襲とリンパ官侵襲はなし、剥離面の腫瘍もなし。
ただ、筋膜面からinvasive carcinoma まで2mmでした。
センチネルリンパ節転移はありません。

ホルモン療法は担当医からも勧められていますが、抗がん剤に関しては、
やるかやらないかは患者さん次第とのことでした。

術後の治療として、
ホルモン剤はリュープリン2年、タスオミン5年
抗がん剤はEC 4クール、ドセタキセル 4クールを提案されてます。

術前の骨シンチとCT検査では転移はなしでした。
今後の治療をどうすべきか悩んでいます。
再発リスクを考え抗がん剤治療をすべきかどうか…。
生存率はあまり変わらないとも言われ、辛い治療に意味があるのか…とか。

なかなか決断ができません。
何かアドバイスを頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

回答を見る

チョコたんさんのコメント
医師のすすめは個々の病理診断結果によって異なるようなので、選択に悩む時は自身のデータを基にセカンドオピニオンをとってみるのがおススメだと思います。
また、全く別視点でQOLから「優先順位」をつけて整理してみるという選択方法を紹介している医師のコメントも貴重だと思いました。

会員登録(無料)で回答をすべて閲覧できます。

会員登録(無料)

関連するQ&A(治療方針カテゴリの新着)

非浸潤性入管癌の治療

2014/10/01

ホルモン治療か抗がん剤か迷っています

2014/10/01

トリプルネガティブ術後治療について

2014/10/01

TC療法は必要か?

2014/10/01

病理検査の断端陽性について

2014/10/01

本サイトのサービスは医学・医療情報の提供を目的としているものであり、診療行為またはこれに準ずる行為を目的として利用することはできません。このサービスにおける医師による返答は治療行為ではありません。ユーザーはこのことを十分認識した上で自己の責任においてこのサービスを利用し、必要ならば適切な医療機関の受診等、自身の判断で行ってください。実際に医療機関を受診する際も、治療方法、薬の内容等、担当の医師によく相談、確認するようにお願い致します。本サイトの利用、相談に対する返答やアドバイスにより何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でもエムスリー株式会社はその一切の責任を負いませんので予めご了承ください。