乳がんの放射線治療と被ばくについて

モルコさんがピックアップ
2013/06/06 00:00:00

原発事故で、放射線や放射能という言葉が身近なものになってしまいました。しかし、事故のイメージで放射線治療をためらう方もいらっしゃるのではないかと思い、このテーマを選びました。患者自身が、放射能が身体に与えるリスクとベネフィットを理解する必要があると思います。

カテゴリ
手術・治療の影響

会員登録(無料)で回答をすべて閲覧できます。

会員登録(無料)

となり
2013/01/30 22:26:59

12月下旬に左乳癌の部分切除を受けました。ステージ1のホルモンタイプでした。
これから放射線治療が始まる予定で、放射線科の初診を受けたところです。その際に、慢性の副作用として、心臓病(心筋梗塞、狭心症)が、挙げられており、びっくりして、放射線治療を受けるのが、怖くなってしまいました。乳癌がもし、治っても、心臓病で死ぬかも知れないということかと。全摘出した方が良かったのかとも考えました。
専門的に見て、左乳癌の放射線治療の心臓疾患のリスクはどれくらい、何パーセントくらいあるのでしょうか。私は心配しすぎなのでしょうか。また、心臓疾患を発症した場合でも、対処方などあるのでしょうか。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
(40代/女性)

回答を見る

モルコさんのコメント
左乳房の放射線治療の際に、主治医が心臓疾患をリスクとして説明する場合としない場合があるかと思います。
説明されると心臓を悪くするのではないかとびっくりしていまいますが、
心臓疾患のリスクよりも再発を抑えるベネフィットをわかりやすく説明しています。
たなまあ
2012/01/14 01:59:11

こんばんは。

母が乳癌になり手術を受けたのですが、リンパに転移がみつかり抗がん剤治療をしその後放射線治療をしました。

放射線治療をしたら近くにいる家族も被爆すると聞いたのですが、大体どのくらいの期間、母から放射能が出ているのでしょうか。

赤ちゃんを長時間抱っこするので気になりまして。
(30代/女性)

回答を見る

モルコさんのコメント
放射線、放射能、というだけで怖いイメージがあります。
ご家族の方にも理解していただきたい質問です。
ケチャップご飯
2010/03/17 23:36:47

今年1月に左乳房温存手術をしました。
術後の病理検査結果は、
組織型 乳管内癌、腫瘍径(広がり径)0cm(8cm)、
リンパ節転移 なし、脈管浸潤 ly(0) v(0)、
核異型度 G2、ER 60% PgR 60%、
Her2(2+)、病期診断 T1 n0 M0 病期1、
となっています。
術後の補助療法として、タモキシフェンの服用、放射線治療(25回+ブースト5回)の予定となっていました。

しかし放射線治療12回で、心膜炎を起こしてしまい、2週間の治療中断がありました。現在心膜炎は良くなり、照射範囲を少々ずらして、治療再開し始めたところです。

放射線科の先生は、「治療後しばらくして心膜炎になる例が稀にあるが、治療中、しかも半分も終わってないのに、心膜炎になるという前例がない。原因が放射線によるものなのかもわからないし、治療効果がどの程度出るかもわからない。」と仰っており、患者として不安です。

・乳癌の放射線治療を心膜炎を中断したという例がこれまであったのでしょうか。もしあったとしたら、その後の治療はどのように行われたのか知りたいです。

・放射線治療の効果が不十分であるならば、タモキシフェンに頼る部分が大きいと思います。しかし最近ホルモン陽性でも、タモキシフェンが効かない人が30%ほどいるという話も聞きました。CYT2D6遺伝子を調べた方が良いのでしょうか。もし効かないタイプなら、違う薬剤にしなければならないように思うのですが。
ただ、治療方針にたてつくようで、主治医にはなんだか質問しづらくて…。

よろしくご回答お願いいたします。
(30代 女性)

回答を見る

モルコさんのコメント
他のテーマ(ホルモン療法など)にも該当するかと思いますが、放射線治療から始まってホルモン療法のこと、遺伝子検査、妊娠のことなど含まれ、患者なら誰もが疑問に思うことを網羅しているように思います。
ぴょんko
2010/05/11 15:10:52

昨年6月に乳癌で全摘および同時再建手術を受け、10月にシリコン入れ替えをしました。病理診断は粘液癌で1.8cm。核グレードは1相当(異型score2:中等度、 核分裂score1:1個/10HPF)ER陽性(90%以上、mod erate),PrR陽性(30%程度、weak),HER2(-)。今は術後ホルモン療法のみでタスオミン20mgを毎日飲んでいます。
3月頃から乳癌に罹患した反対側の右腕と肩に鈍い痛みが続いています。左胸をかばっているせいかと思って整骨院に何度か通っていますが、四十肩の症状に似ているとは言われました。これは乳癌の骨転移の可能性はないのかと先日、乳腺の先生にお聞きしたら、骨シンチをやるのならやってもよいと言われ、検査しました。一年前は全身を一回だけ撮った気がしますが、今回、胸と肩を中心の画像も撮りました。これは転移の可能性があるから追加されたのでしょうか?カルテには肩が痛いと書かれていました。また、放射性物質を体内に入れるこの方法は
被爆の関係から、どのぐらい間をあけて検査したほうがよいのでしょうか?
(40代 女性)

回答を見る

モルコさんのコメント
自宅でガンマカウンターをお持ちの方や、食品の放射能汚染を心配される方も多い世の中です。
医療者側にも、そういった説明をしていただければと思います。

会員登録(無料)で回答をすべて閲覧できます。

会員登録(無料)

関連するQ&A(手術・治療の影響カテゴリの新着)

放射線治療後のリンパ球減少について

2014/06/20

放射線治療における皮膚炎の防止について

2014/06/13

左胸のむくみ

2014/05/08

放射線治療開始と風邪について。

2014/05/01

術後の50肩

2014/05/01

本サイトのサービスは医学・医療情報の提供を目的としているものであり、診療行為またはこれに準ずる行為を目的として利用することはできません。このサービスにおける医師による返答は治療行為ではありません。ユーザーはこのことを十分認識した上で自己の責任においてこのサービスを利用し、必要ならば適切な医療機関の受診等、自身の判断で行ってください。実際に医療機関を受診する際も、治療方法、薬の内容等、担当の医師によく相談、確認するようにお願い致します。本サイトの利用、相談に対する返答やアドバイスにより何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でもエムスリー株式会社はその一切の責任を負いませんので予めご了承ください。