医知恵会員が選ぶAskDoctors まとめ

乳癌に関する様々なトピックについて、医知恵の姉妹サイト「AskDoctors」の医師回答から役立つコメントを医知恵会員がピックアップ!

主治医との信頼関係

ゴム消しさんがピックアップ

乳がんは早期発見時の治癒率が高い反面、10年後に再発することもあり、他のがんに比べて長期にわたって付き合わなければなりません。そのため、患者にとって主治医の存在は非常に大きく、信頼して任せられるかどうかで、精神的な安定も変わってきます。ドクターからも、治療にはお互いの信頼関係が何より大事、という声をよく耳にします。今回は主治医との関係を振り返るQ&Aを選んでみました。

カテゴリ
コミュニケーション
手術後や再発後の運動や仕事の復帰

ゴム消しさんがピックアップ

予後がよく早めの退院が決まったり、職場復帰後に自覚症状のない再発など、痛みもなく日常生活に支障がない時、自分としてはこれまでの生活にすぐに戻りたいと思うことと思います。しかし、自分の気持ちの問題だけではなく、関係者と良好な関係を保つことも考える必要があります。どのように考えれば良いのか、ヒントになるQ&Aをピックアップしました。

カテゴリ
日常生活
ホルモン治療の副作用

ゴム消しさんがピックアップ

手術後のホルモン治療に対して、副作用の不安をお持ちの方も多いと思います。また、ホルモン治療の影響を考慮して併用される薬剤の副作用も。副作用は人それぞれ出現の仕方が違うので対応が難しいですが、どのような副作用があるのか参考になるQ&Aをピックアップしました。

カテゴリ
手術・治療の影響
診断から手術までの期間

ゴム消しさんがピックアップ

乳がんと診断され手術が必要な場合、手術までの期間が長いと進行してしまうのでは、と不安になることと思います。そこで、手術までの期間について参考になるようなQ&Aを選びました。

カテゴリ
手術・入院
再発防止の抗がん剤

ゴム消しさんがピックアップ

再発防止のために抗がん剤を使用するケースがあります。できることなら極力抗がん剤を利用したくないという声も多い中、術後の抗がん剤治療について取り上げました。

カテゴリ
治療方針
手術後の再発

ゴム消しさんがピックアップ

手術後にも何年か後に再発や転移が発生するリスクがあります。定期的な検診の間隔や再発の兆しについて、判断の目安になるQ&Aを選びました。

カテゴリ
手術・治療の影響
妊娠中の乳がん検診について

hiropyonさんがピックアップ

妊娠中は身体にさまざまな変化が現れます。
そんな状態で、乳がん検診を受けて正しい結果を得ることができるのか?
妊娠中に適切な検診の方法は?
このような疑問に答えるQ&Aを集めてみました。

カテゴリ
検査
センチネルリンパ節生検による痛みについて

hiropyonさんがピックアップ

手術後にふと傷が痛み、不安になる方も多いと思います。
たとえばリンパへの転移を調べるために、術中に「センチネルリンパ節」を取り検査をしますが
術後、その傷が乳がんを切除した胸よりも痛むことも・・・。
そのような疑問に答えるQ&Aをピックアップしてみました。

カテゴリ
乳がんについて
高齢者や延命治療としての抗がん剤使用について

チョコたんさんがピックアップ

抗がん剤治療は副作用がかなり強く辛いと認識されている治療だと思います。なので高齢者の場合やがん末期の状態であった場合等では、抗がん剤使用に積極的になれず躊躇してしまう事もあるかと思います。結局は抗がん剤治療を受ける、受けない、途中で中止するのも患者の最終判断になるわけですが、その判断素材の参考になりそうなQ&Aを、自身の体験を交えながら選んでみました。

カテゴリ
治療法
乳がんの遺伝性について

hiropyonさんがピックアップ

ご自分の近親者にガンを患われた方がいると、もしかしたら自分もガンになりやすい体質なのではないか?と考える方がほとんどだと思います。
果たして乳がんは?可能性が高い場合はどうしたら良いのか? そのような内容が書かれたQ&Aをピックアップしてみました。

カテゴリ
乳がんについて
乳がん治療中の妊娠について

hiropyonさんがピックアップ

乳がんの治療は、他の一般的なガンと少し異なり初期であっても手術後も放射線治療や薬の服用などが続くことがほとんどです。
とはいえ、お子さんが欲しいと思っていた矢先に乳がんを患った方はもちろん、早くお子さんが欲しいと思われている方には、治療中の妊娠可否についての情報はとても重要だと思います。結論は治療中の妊娠は避けるべきということになりますが、以下のQ&Aがその参考になればと思います。

カテゴリ
日常生活
乳がんの治験について

モルコさんがピックアップ

乳がんには、日本だけでなく海外でも新しい薬や治療法がいくつも開発されています。
医師から、治験の参加を薦められることもあるかもしれません。
自分が実験台になるようで不安も感じるかもしれませんが、嫌になったらいつでも患者の意思で止めて標準治療に戻っていいのです。
治療費の面や最新の治療を受けるというメリットもあります。
疑問点やメリットデメリットなどは、治験コーディネーターにどんどん質問して、選択肢を減らさないようにしましょう。

カテゴリ
治療方針
乳がん治療後の妊娠について

hiropyonさんがピックアップ

乳がんになっても、妊娠出産に問題はないのだろうか?
自分のことは当然ながら、お子様への影響も考えたり、中には乳がんを患ってもいないのに
不安になられる方も多いと思います。
そんな方々の参考になればとこのテーマを選びました。

カテゴリ
日常生活
代替療法について

チョコたんさんがピックアップ

「病院で受ける治療に加え、何か他に自分にできることはないか?癌に効くものはないか?」そしてたどり着く様々な代替療法(民間療法)。周囲から、それらを強く勧められたという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
がん告知を受けてから一番最初にこの情報収集を行ったという自身の体験もあり、関心も高いのではないかと思い、これをテーマに選んでみました。

カテゴリ
治療法
セカンドオピニオンについて

かなまるこさんがピックアップ

よく耳にするセカンドオピニオンという言葉ですが、どういったタイミングで、どのような方法で申し出るものなのか、その手順について分かる回答をまとめてみました。

カテゴリ
治療方針
断端陽性と再手術について

かなまるこさんがピックアップ

温存手術後に、がんが取り切れていないことを断端陽性といいます。
その後、どのような追加手術を受けるのか、知っておく必要があると思いました。
温存か全摘かを決める際にも、頭に入れておくべきことだと思います。

カテゴリ
手術・入院
オンコタイプDXについて

モルコさんがピックアップ

抗がん剤治療を受けるかどうか、自分で決めてくださいと医師に言われるかもしれません。
治療法を自分で選ぶというのは、勇気のいることです。
そういったとき、高額ではありますがオンコタイプDXで客観的な判定を受け、選択の一助にする方法もあります。
出たスコアをどう判断するかは個々人によるかもしれませんが、どういった選択をするにせよ、あいまいな知識で慌てて判断することは避けたいものです。

カテゴリ
検査
放射線治療の影響

かなまるこさんがピックアップ

放射線治療を受けると、乳房や皮膚がどうなるのか。対処方法はあるのか。どんな副作用があるのか。
それを知っておくことで、心構えが変わってくると思いますし、治療に対する不安な気持ちを、少しでも軽くできると思い選びました。

カテゴリ
手術・治療の影響
身内のがん告知について

チョコたんさんがピックアップ

検査結果の説明に家族を呼び、患者とは別に「実は…」と医師ががんを告知。さらに、深刻なケースだった場合「先生、本人には言わないで下さい」と家族が医師にお願いをして…。
テレビで観るがん告知の光景は大抵こんな感じで、がん告知はこのように行われるものと思っている人は多いと思います。私自身、がん告知についてはそのようなものだと思っていたので、家族のがん告知がそれとは全く違っていたことにとても困惑した経験があります。それがある程度進行した状態のがんであっても、テレビで観たその光景は一昔前の話である事を知りました。そんな今日のがん告知事情とその重要性について、「身内のがん告知」という視点から自身の経験を振り返りつつ選んでみました。

カテゴリ
コミュニケーション
妊娠中の乳がん治療

かなまるこさんがピックアップ

妊娠中に思いがけず乳がんが見つかることもあります。
そういった場合、不安は倍増すると思います。
どういった検査を受けるのか、どのように治療をすすめるのか、それを知っておくことで、落ち着いた判断ができるのではないかと思いました。

カテゴリ
治療方針