ホルモン療法と食事

モルコさんがピックアップ
2013/08/12 00:00:00

女性ホルモンを抑えるホルモン療法ですが「身体に良い食べ物」と言われているものの中には、大豆イソフラボンなど、女性ホルモンとよく似た物質もあります。
せっかく身体に気を配り、食事にも気を付けるのですから、過剰に摂取しないように気を付けたいものです。

カテゴリ
日常生活

会員登録(無料)で回答をすべて閲覧できます。

会員登録(無料)

みもー
2010/09/08 21:45:37

はじめまして。

乳癌ステージ?で2年前に左乳房全摘しました。
只今、リュープリン3ケ月製剤の注射と朝晩の飲み薬(タスオミン)で治療しています。

薬でエストロゲンをブロックし、癌細胞の増殖を抑えているのですが、副作用で体重が増加してきています。

ダイエットをするのに大豆のプロテインを食事の前に飲んで、食事量を減らす減量法でダイエットをしたいのですが、大豆のイソフラボンがエストロゲンと似た働きをすると知り、それだと今の治療と逆の事をやってしまうことになりますか?
イソフラボンはホルモン治療中には避けた方が良いでしょうか。


(50代/女性)

回答を見る

モルコさんのコメント
思わぬところで大豆イソフラボンを摂ってしまうことがあります。
なせばなる
2011/07/02 05:25:51

私は乳癌術後ホルモン療法リュープリンとノルバディクスをしています。私は軽い肥満で最近食欲旺盛です。偽閉経だと脂肪で乳癌再発になりやすいのか心配しています。教えて下さい。
(40代/女性)

回答を見る

モルコさんのコメント
ホルモン療法中にどういった食事をとるのがいいのか、具体的でわかりやすい回答があります。

会員登録(無料)で回答をすべて閲覧できます。

会員登録(無料)

関連するQ&A(日常生活カテゴリの新着)

光脱毛について

2014/10/01

ホルモン療法中の子宮たいがん検診の間隔について

2014/06/20

乳癌手術後のリハビリについて

2014/05/22

遠隔転移治療中の精神安定

2014/05/15

リュープリンの副作用を軽減する方法

2014/05/08

本サイトのサービスは医学・医療情報の提供を目的としているものであり、診療行為またはこれに準ずる行為を目的として利用することはできません。このサービスにおける医師による返答は治療行為ではありません。ユーザーはこのことを十分認識した上で自己の責任においてこのサービスを利用し、必要ならば適切な医療機関の受診等、自身の判断で行ってください。実際に医療機関を受診する際も、治療方法、薬の内容等、担当の医師によく相談、確認するようにお願い致します。本サイトの利用、相談に対する返答やアドバイスにより何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でもエムスリー株式会社はその一切の責任を負いませんので予めご了承ください。