乳がんの初期症状や自覚症状

かなまるこさんがピックアップ
2013/04/17 00:00:00

病院へ行くのはただでさえためらうことが多いのに、乳がんかもと不安に思っても、どんな症状がそれなのか、分からないことが多いと思います。
病院へ行くのを悩んでいる方に向けて選びました。

カテゴリ
乳がんについて

会員登録(無料)で回答をすべて閲覧できます。

会員登録(無料)

boc
2012/08/28 01:59:07

最近、強く圧迫しなくても、乳頭から白い分泌液が漏れます。生理はほぼ定期的にきています。妊娠もしていませんし、血も見た目は混ざっていません。

1.乳腺外科、婦人科、脳神経外科、内分泌科のうち、どの科を受診したらいいのでしょうか。

2.どの科を受診しても、行われる検査にかわりはありませんか。

3.どういった検査が想定されますか。

お忙しい中申し訳ありませんが、ご回答よろしくお願いいたします。
(30代/女性)

回答を見る

かなまるこさんのコメント
まずは何科を受診したらいいのか迷うと思います。
乳腺外科があるということをまず知ってほしいです。
ゆか8321
2012/01/16 15:26:20

こんにちは。 以前より(半年前~一年前)お風呂などで右の乳首を搾ると一つの穴から茶色い分泌液が出ていました(搾ると出てくる程度で、自ら搾らないと出る様な事はないです)。さほど気にしていなかったのですが、「乳癌の初期症状」だと知り年末に市の乳がん検診にいってきました。やはりマンモグラフィでひっかかりエコーをしたところ、「右に嚢胞が3つあり、他は異常なし、半年後経過をみたいので再検査で」との結果でした。医師には分泌液の事も伝えましたが「今と変わるような事があればまた来てください」と言われ、特に分泌液の検査などはせずに帰りました。その時はホッとしたのですがネットなどで調べても、嚢胞と分泌液の関係はないようで「何か検査で見落としや、発見されなかった病気があるのでは?」と心配になっています。 特に分泌液の量や色に変化はありません。今回の診断結果で様子を見ても大丈夫でしょうか?それとも他に何か悪い病気でしょうか?毎日気が重いです。宜しくお願いします。


(30代/女性)

回答を見る

かなまるこさんのコメント
乳頭から分泌液があったら、調べた方がいいと思います。
どんな小さなことでも、いつもと違う、何かおかしいと思ったら、すぐに受診することをおすすめします。
結羽
2012/09/29 20:52:02

35歳、出産経験なしの未婚女性です。

数ケ月前から、右胸上部の脇に近い所に、鈍い痛みと言うのか、違和感のようなものを感じるようになり、乳腺症の初期の疑いがあると言われた事がありました。

一旦、その症状は治まったのですが、最近、また同じような症状が出始めました。

セルフチェックで触診をしたところ、グミのような固さの、明らかに骨ではないものが確認出来ますが、これが、しこりなのか?乳腺なのか?わかりません。

押してみると、少し鈍い痛みを感じる時もありますが、気のせいなのか、触り続けていると、しこりも痛みもほぐれていっている感じが、しないでもないです。

また、何気なく腕に力を入れた時などに、右胸に鈍痛を感じる事がありますが、こちらも、身体をほぐしていると、何も感じなくなる事が多いです。

胸をよく観察しても、左右の形に違いはなく、くぼみも、乳首のただれもありません。また、以前は少しあった透明の分泌液も、今のところはありません。

ちなみに、左胸の同じ場所を触ってみると、右胸と同じようなものに触れている感じはしますが、右胸ほどハッキリ確認出来ず、こちらは痛みを感じません。

月経前のせいもあるのか?いずれにしろ、ガンでなければ良いと心配しているのですが。。。
(30代/女性)

回答を見る

かなまるこさんのコメント
しこりの固さについて「石ころのよう」と説明しています。具体的な言葉で、分かりやすいと思います。
モリアヤ
2009/05/20 21:20:40

最近胸にしこりのようなものがあると主人にいわれました.でも自分ではしこりなのかどうかもよく分からないです.病院に行こうかためらっています.自分でできる乳ガンのチェックなどないでしょうか?あと乳ガンになった場合の初期症状など教えてください.
(20代/女性)

回答を見る

かなまるこさんのコメント
自己チェックの仕方などが紹介されているので、役に立ちます。

会員登録(無料)で回答をすべて閲覧できます。

会員登録(無料)

関連するQ&A(乳がんについてカテゴリの新着)

舌が黒い

2014/10/01

ホルモン感受性の高い場合の卵巣摘出について

2014/06/20

ホルモン陰性、HER2+の場合、生理とめるべきか

2014/06/13

高い発症リスクの不安

2014/06/13

ホルモン治療について

2014/06/06

本サイトのサービスは医学・医療情報の提供を目的としているものであり、診療行為またはこれに準ずる行為を目的として利用することはできません。このサービスにおける医師による返答は治療行為ではありません。ユーザーはこのことを十分認識した上で自己の責任においてこのサービスを利用し、必要ならば適切な医療機関の受診等、自身の判断で行ってください。実際に医療機関を受診する際も、治療方法、薬の内容等、担当の医師によく相談、確認するようにお願い致します。本サイトの利用、相談に対する返答やアドバイスにより何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でもエムスリー株式会社はその一切の責任を負いませんので予めご了承ください。